あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

SUPER GT第3戦 鈴鹿サーキットレビュー(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SUPER GT第3戦 鈴鹿サーキットレビュー
[元記事]
SUPER GTは鈴鹿サーキットが舞台の3戦目にして、ついにドライコンディションに恵まれることとなった。だが、やや恵まれすぎた感も……。5月とは思えぬ猛暑に見舞われ、特に予選の行われた土曜日は想定外だった、という声も多く聞かれた。それでも、決勝の行われた日曜日もそのままの暑さだったら、また違った展開になっていたかもしれない。上空には薄雲がかかるようになり、温度が下がってしまったのだ。それにより、選んでいたタイヤがレンジを外れてしまったとも。いい意味でドラマチックな一戦にもなっていた。

GT500のQ1トップは、ARTA NSX-GTの野尻智紀。ここ2戦の調子であれば、Q2で伊沢拓也が逃げ切るかと思われたものの、そうも簡単には行かず。まずトップに立ったのはKeePer TOM’S LC500の平川亮で、これに続いたのが伊沢。だが、終了間際になってau TOM’S LC500の関口雄飛が逆転を果たし、2016年第7戦・タイ以来となる自身2回目のポールポジションを獲得する。ちなみにTOM’Sのフロントロー独占は、1999年の第5戦・富士以来となる。
自らは6番手でQ1を突破後、ピットで関口の走りを見守っていた中嶋一貴は、「しびれました!」とパートナーを手放しで絶賛。加えて、「僕の役割はQ1を通過することでしたが、ちょっと安全に行きすぎたので」とも語った。一方、関口は「先週スーパーフォーミュラでも勝てて、好調さを維持できて良かった。でも、GTでは開幕戦がハーフポイントになって僕は頑張れず、第2戦もトラブルでリタイアしているので、ランキングはほぼビリなんですね。スーパーフォーミュラと一緒で、ここで一発決めないと、チャンピオンシップが厳しくなるので。予選の走りは最後まで100%の状態で行けました!」と満面の笑みを浮かべ、そう語っていた。
ここまで2戦連続ポールで、決勝も連続2位。ランキングトップにつけるMOTUL AUTECH GT-Rは、さすがに49kgのウエイトハンデを背負っては、松田次生をしても10番手につけるのがやっと。確実にポイントを稼ぐ作戦に、早くも切り替えざるを得ず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク