あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

【インターハイ男子決勝】勢いに乗って勝ち上がった北陸相手に福岡第一が下馬評通りの強さを見せつけて全国制覇(J SPORTS)

スポンサードリンク

【インターハイ男子決勝】勢いに乗って勝ち上がった北陸相手に福岡第一が下馬評通りの強さを見せつけて全国制覇
[元記事]
北陸との決勝戦は、試合開始から主導権を握り、終わってみれば107対59の圧勝でインターハイを制した福岡第一。ゲームキャプテンで司令塔の河村勇輝が、「北陸高校さんは強豪校を倒して勢いに乗っているチームということをわかっていたので、その勢いをしっかり止めるように入りからしっかりやりました」と語ったように、タフなディフェンスからリバウンドをしっかり確保し、あっという間の速攻で得点するという持ち味を存分に発揮。19点リードでハーフタイムを迎えると、3Q開始からの約3分間における10連続得点で61対32とした時点で、福岡第一の勝利は決定的なものとなった。

河村は速攻でのフィニッシュやアシストでチームを牽引し、21点、6アシストをマーク。インサイドの核となるクベマジョセフ・スティーブも15点、12リバウンドのダブルダブルに加え、6アシストと得点機会のクリエイトでもいい仕事をしていた。また、控えの山田真史が2Qだけで4本入れるなど、5本の3Pシュートを成功させて15点を奪い、チームに勢いを与えたのはまちがいない。
周囲の「圧倒的に強い」という評判と裏腹に、福岡第一がここまで勝ち上がる道のりは決して楽なものでなかった。3回戦で土浦日本大、準々決勝で東山、準決勝で開志国際という実力校との対戦が続いたからだ。特に東山戦は、相手が望むスローテンポな展開を受けて立つような試合となり、ハーフタイムでの11点リードを3Q終盤で3点差まで詰め寄られた。しかし、ディフェンスの堅実さが失われることなく、4Qで引き離した際にはしっかり得意のパターンに持ち込んでいた。井手口孝コーチは、このインターハイを次のように振り返る。
「オフェンスはゾーンをやられたり、プレスをやられたりと、いろいろ想定してきたんですよ。トライアングル2やボックス&1やなんだかんだね。どんなことがあっても守ることだけは、しっかり守っていこう。守れば走れるからと…。そこがやはり崩れなかったので、競っていても失点を抑えられていた。そこがよかったかなと思います」

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク