スポンサードリンク

無線ゲーミングマウス「G903h」はゲーマーの願望を叶えてくれる”相棒”だ!(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

無線ゲーミングマウス「G903h」はゲーマーの願望を叶えてくれる”相棒”だ!
[元記事]
ロジクールのゲーミングデバイスブランド「ロジクールG」が提供する「G903 HERO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス(G903h)」を1ヵ月試用してみた。当記事ではG903hの使用感などを紹介する。【もっと写真を見る】

 憧れのゲーミングパソコンを購入してから数ヵ月が経った。趣味と仕事でかなり重宝するため、今では”相棒”と呼んでもいいぐらいの特別な存在と化していた。その後、より快適なゲーミングライフを実現すべく、周辺機器にも目を向けるようになった。
 
 何がほしいんだろうと考えをめぐらせた結果、今買うべきアイテムは「ゲーミングマウス」ではないかと悟った。普段使っているマウスは遅延が生じてしまう上に、小型サイズだから手のひらにフィットしない。そのマウスを使ってゲームをプレーすると、どうしても「なんだかなぁ……」と違和感が生じてしまうのだ。自分に合ったゲーミングマウスがほしい。だが、どのブランドのどのゲーミングマウスが自分にふさわしいのかさっぱりだった。
 
 7月初旬、編集部にあるゲーミングマウスが届いた。「ロジクールG」ブランドの「G903 HERO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス(以下、G903h)」で、6月27日に販売を開始した新モデルである。
 
 ロジクールGのゲーミングマウスはeスポーツ向けに開発されており、世界で活躍する多くのプロゲーマーから高い信頼を得ているという。これは興味深いと思い、G903hを1ヵ月使ってみた。今回はそのインプレッションを述べよう。
 
新たに搭載した「HERO 16K」センサーにより精度が向上
 G903hは、従来機の「G903」の基本性能を引継ぎつつ、新たに「HERO 16K」と呼ばれるセンサーが搭載されているのが特徴だ。1:1トラッキングと1万6000DPIという高精度を実現し、より素早い操作が可能となっている。
 
 また、電力効率は前世代のセンサーの10倍で、RGBライト起動時は最大140時間、RGBライトオフ時は最大180時間という驚異的なバッテリー駆動時間を実現しているという。そのほか、遅延の少ない安定したパフォーマンスを維持する「LIGHTSPEED」テクノロジーも搭載。
 
 実際に使ってみて、快適な操作性に衝撃を受けた。試しに「レインボーシックス シージ」をプレーしてみたら、以前使っていたマウスよりも精度が向上しており、エイムがしやすくなった。そのうえ、プレー中もDPIの調整がスムーズにできるため、使い勝手も向上。G903hを使い込んでみて、ゲーミングマウスの利便性を改めて実感するに至った。
 
手のひらにちょうどよくフィットするサイズ
 つづいて気になったのはサイズだ。本体サイズはおよそ幅66.5×奥行130.3×高さ40.4mmで、手のひら全体でマウスを包み込める感覚が実に心地よい。長時間使っていても違和感を覚えることはなかった。ちょうどいいフィット感なので、集中して作業に没頭できるのがいい。
 
 従来機と同様、G903hの重さは約110gと軽めだ。もし重さを追加したいようであれば、付属のウェイト(10g)を裏面に装着するといいだろう。このように、快適性を考慮したデザインもまた評価すべきポイントだ。
 
ゲーミングマウスを自分好みにカスタマイズできる
 左右対称型のデザインを採用し、右利きでも左利きでも利用できるようになっている。本製品にはサイドボタンが左右2個ずつ付属しており、利き手に合わせて取り外し・装着が可能だ。
 
 また、G903hはサイドボタンを含む最大11個のボタンが使える。ゲーミングソフトウェア「Logicool G HUB」を使えば、11個のボタンを自由にカスタマイズ可能だ。PCゲームはもちろん、文書作成などの作業にも役立つだろう。
 
 試しに、「Ctrl+C(コピー)」と「Ctrl+V(ペースト)」を2個のサイドボタンに割り当ててみたところ、面倒だった操作もたったの1クリックでできるため、作業効率は著しく向上した。ゲーム専用を抜きにしても、マウスとしての完成度は十分高めだ。
 
 そのほか、Logicool G HUBではRGBライトのアニメーションや効果、DPIの調整も自分好みにカスタマイズ可能だ。また、ゲームごとに自分好みの設定を保存することができる。ゲームを起動すると自動でその設定に切り替わるため、プレーするゲームが変わるたびにわざわざ設定を変えなくてもいい。G903hを使うなら、Logicool G HUBを即インストールし、連携することをオススメする。
 
G903hはゲーマーを思う存分満足させる”相棒”だ
 G903hは、ゲーミングマウスならではの高いパフォーマンスを発揮する”相棒”である。操作性もよし、機能性もよし、利便性もよしとゲーマーを満足させる要素が凝縮されているのだ。これぞ私が望んでいたゲーミングマウスである。
 
 ウェブブラウジングや文書作成などの一般的な作業で活用できるのもグッドだ。値段は2万2820円と高めだが、ゲームと仕事を兼業できるほどの性能を有しているので購入する価値はあるといえよう。
 
G903hの主なスペック
機種名
G903 HERO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス
マウス本体サイズ
およそ幅66.5×奥行130.3×高さ40.4mm
レシーバーサイズ
およそ18.4×14.4×6.6mm
マウス重量
約110g+10g(オプショナルウェイト)
センサー方式
HERO 16K
解像度(DPI)
100~1万6000DPI
最大加速
40G
最大スピード
400インチ/秒
USBデータフォーマット
16bits/axis
USBレポートレート
1000レポート/秒
総ボタン数
11(プログラム可能なボタン数)
ボタン寿命
5000万回クリック
フィート
250km
電源
内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間
約90分
駆動時間
LED使用時:約140時間、LED未使用時:約180時間
販売価格
2万2820円(税込)
 
文● 市川/ASCII

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク