スポンサードリンク

AIoTでスマホや冷蔵庫と連携するシャープの洗濯機(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

AIoTでスマホや冷蔵庫と連携するシャープの洗濯機
[元記事]
シャープは、AIoT対応の洗濯機「ES-PW」シリーズ3機種と全自動洗濯機「ES-GW11D」を発表した。発売は9月19日。
 シャープは、AIoTクラウドサービス「COCORO WASH」や「COCORO HOME」に対応する洗濯乾燥機「ES-PW」シリーズ3機種と全自動洗濯機「ES-GW11D」を9月19日に発売する。
 
 価格はオープンで、市場想定価格はES-PW11Dが23万円前後(税別、以下同)、ES-PW10Dが22万円前後、ES-PW8Dが20万円前後、全自動洗濯機のES-GW11Dが15万円前後となる。
 【もっと写真を見る】

天気の通知や洗濯のアドバイスをする
「COCORO WASH」
 COCORO WASHは、地域の天気に応じたオススメの洗濯情報をアドバイスしたり、洗剤の適切な使用量をアドバイスしてくれるサービス。
 
 洗濯機の電源を入れると、洗濯機がその日の天気を音声で知らせてくれる。「おはよう。今日の天気は晴れ」など天気はスマホでも確認できるが、洗濯機でいざ洗濯するときにその日の天気を教えてくれるので、わざわざスマホを取り出す必要がない。
 
 天気情報に加えて便利なのが、季節に適した洗濯方法などを提案してくれること。洗濯機が「今日は花粉が多いみたい。乾燥機能がオススメです」などと、教えてくれる。花粉は乾いた衣類より湿った衣類に多く付くといわれており、アレルギー症状にも繋がる。つまり新モデルであれば、花粉が多い日には外干しをして失敗するのを防げる。
 
 ちなみに話す音量は本体に3段階から用意されており、状況に応じて音量を変更できる。音量2では約50dbほどだ。
 
 COCORO WASHは、元々ドラム型の洗濯乾燥機「ES-W111-SL」で対応していた機能だが、縦型洗濯乾燥機の新モデルにも対応する。
 
冷蔵庫が洗濯機の運転終了を知らせる「COCORO HOME」
 シャープの調査によると、洗濯機は常時人がいないサニタリー空間に設置することが多く、洗濯機と冷蔵庫がほぼ同じ時間帯に使われているという。
 
 そこでシャープは冷蔵庫と洗濯機を連携させることで双方の製品の付加価値を向上できると考えたのだ。例えばキッチンで料理をしている最中に冷蔵庫のドアを開けると、洗濯の終了を知らせてくれる。仮に冷蔵庫のドアが閉まっている状態でも、聞いてキーが点滅し、その部分をタッチすると音声で知らせてくれる。
 
 こちらも便利で興味深い機能だが、むしろ冷蔵庫と洗濯機の連携は手狭な家に住む人よりも、居住空間が広く、かつ忙しい人に向いた機能だと感じた。
 
 なお、COCORO WASHとCOCORO HOMEの一部機能はスマホアプリから冷蔵庫や洗濯機本体を無線LANに接続する必要がある。
 
 シャープは今後、アプリをアップデートしていくことで連携機能を強化する考えを示しており、説明会場の担当者は洗濯機本体を長期間使っても便利な機能であることを十分に実感してもらえるよう、徐々に環境を整えていく考え。
 
スタイリッシュでオシャレなデザインが特徴的なPWシリーズ
 PWシリーズの本体天面には、継ぎ目のないフラットな蓋に、スタイリッシュで手入れがしやすいガラストップデザインを採用。洗濯機内部は内蓋がなく広めの投入口を採用した独自構造となっており、洗濯物の出し入れがしやすそうだ。
 
 操作部には、必要なキーと表示だけが光って、様々な情報をわかりやすく知らせてくれる光るタッチナビを搭載している。こちらも実機に触れてみたが、スマホやガジェットなどハイテク好きには刺さりそうだ。
 
 一方でボタンではなくタッチなので、しっかり押し込むボタン好きの人にとっては抵抗がありそうだ。従来機のようなボタン操作を求めるのなら、乾燥機能は省かれるが全自動洗濯機「ES-GW11D」がいいだろう。
 
プラズマクラスター搭載で衣類を消臭・除菌し、槽内のカビ菌も抑制する
 頻繁に洗えない制服やブーツなど、量が多いとついついクリーニング店に頼りがちだが、PWシリーズでは洗濯槽内にハンガーをかける部分が設けられており、蓋を閉めて槽内にプラズマクラスターイオンを充満させることで消臭、除菌できる。
 
 さらに、洗濯槽に送風しながらプラズマクラスターイオンを放出し、カビ菌の繁殖を抑制する。PWシリーズにはクリップ付きのハンガー2本が付属する。
 
PWシリーズには超音波ウォッシャーが付属
 付属品といえば、PWシリーズにはもう1つ欠かせないものがある。それは洗濯機本体と着脱可能な超音波ウォッシャーを搭載している点だ。毎秒約3万8000回もの超音波振動を発生させ、手洗いでは落ちにくいワイシャツの襟や袖の皮脂汚れや食べこぼし、化粧品などの部分汚れを洗い上げることが可能。
 
 PWシリーズの蓋の奥側(壁側)に超音波ウォッシャーを設置する部分が設けられており、カチッと音がなるまで装着すると充電が開始される。満充電できるまでの時間が数時間、3分で1度は電源がオフに切り替わる。1回の充電で30分ほど使うことができる。紛失したり破損した場合は洗濯機本体の一部を修理するという扱いになる。
 
穴なし槽は節水性に優れ
黒カビの侵入を防ぐ
 シャープの洗濯機といえば、独自の「穴なし槽」が特徴だ。洗濯槽の外槽に水を溜めない構造で、無駄な水を省き、節水性に優れている。1回あたり約36リットルもの節水効果が見込めるという。洗濯槽の外側についた黒カビなどの汚れが洗濯槽内に侵入するのを防ぐほか、渦巻状に巻き上がった水流にすることで揉洗いを可能とする。
 
 穴なし槽は、シャープが1992年から同社製品(一部を除く)で採用してきたが、新モデル(ES-PWシリーズとES-GW11D)ではこれに加えてダイヤモンドカットの穴なし槽を採用している。ダイヤモンドカットを施すことで、少ない水でも前述の揉洗いとこすり洗い、ダブルで洗浄効果を発揮する。
 
 
筆者紹介:金子 麟太郎
 
 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。
 
■運営サイト
 
文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク