スポンサードリンク

Boxにメタデータの適用をフォルダごとに実現する機能が追加(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Boxにメタデータの適用をフォルダごとに実現する機能が追加
[元記事]
Box Japan、クラウドストレージサービス「Box」に、コンテンツへのメタデータの適用をフォルダごとに実現する機能「フォルダレベルのメタデータカスケード機能」を追加。【もっと写真を見る】

 Box Japanは9月12日、クラウドストレージサービス「Box」に、コンテンツへのメタデータの適用をフォルダごとに実現する機能「フォルダレベルのメタデータカスケード機能」を追加したと発表。
 
 ユーザーはBoxのフォルダに格納したコンテンツに、簡単にコンテキストを追加したり、ビジネスデータを効果的に構造化したりできる。ワークフローを動かしたり、メタデータベースのセキュリティポリシーを付与したりも可能。
 
 格納したコンテンツにメタデータを効率的に適用し、社内外でのコンテンツ管理を強化できるという。メタデータに一貫性を持たせ、Boxを利用する上でのメタデータ・エクスペリエンスを向上するとのこと。
 
 
文● ラモス/ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク