あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

「人形」「ラブドール」「宝塚」コスプレの進化系「なりきり」がもたらす効果とは(AbemaTIMES)

スポンサードリンク

「人形」「ラブドール」「宝塚」コスプレの進化系「なりきり」がもたらす効果とは
[元記事]
 「なりきる人」といえば、アニメやゲームのキャラに扮したコスプレイヤーが定番だったが、そんな「なりきり業界」に変化が起こっているという。美少女ドールモデルに日本を代表する歌劇団のヒロイン、さらには男性用の愛玩グッズまで、その対象が多種多様に広がってきているというのだ。21日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、その現場を取材した。

 ポップカルチャーの中心地・原宿で話題を呼んでいるのが、ドールモデルの橋本ルルさんだ。顔にはプラスチック製の仮面、全身は球体関節が描かれたボディースーツで覆われており、まさに人形そのものだ。2年前からこの格好でファッションイベントなどに出演してきたが、“中の人“については“身長170cmの細身の女性“ということ以外は非公表だ。
 今月4日、ルルさんは早稲田大学の学園祭で行われた模擬授業「人形メディア学」にゲスト出演した。事前に募集した質問にルルさんが答えていく形式で進められたが、声を出すことが出来ないルルさんに代わって話をするのは、プロデューサーでファッションデザイナーのmillnaさん。「影響を受けた本や映画を教えて」との質問に、millnaさんは「お母さんが元々お人形が好きで、気付いたら人形たちと一緒に暮らしていたので、この活動をするにおいて影響を受けた作品とか本とかという感じではないみたい」とルルさん思いを代弁した。

 終業後はとフォトセッションタイム。ばっちりポーズを決めるルルさんだが、millnaさんによれば「普段は顔やスタイルにコンプレックスがある人間。ルルちゃんをやることによってコンプレックスと向き合える感じがして、所作が美しくなったり、自信を持ってふるまえたりするようになった」という。
 参加者たちも「なりきり心」を刺激されたようで、「自分とは全然違う存在になるのは面白そう。やってみたい」「顔にコンプレックスがあるので違う自分になりたいっていう気持ちはある」という声が次々と上がっていた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク