あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

日商エレ、RPA関連の教育を行う「デジタルレイバーアカデミー」を大阪と福岡で展開(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

nimocaを一体化したクレジットカード「nimoca MICARD」
[元記事]
 英Blue Prismと日商エレクトロニクス株式会社(以下、日商エレ)は21日、日商エレがBlue Prismと販売代理店契約を締結したと発表した。これに伴い日商エレは、Blue PrismのRPAを利用したソフトウェアロボットの製作ノウハウなどを学ぶ「デジタルレイバーアカデミー」、およびRPAエンジニアの派遣サービスを、大阪と福岡にて展開するという。
 日商エレは2018年12月に、企業におけるデジタルレイバー活用を推進するため「デジタルレイバーアカデミー」を東京に開校。2019年1月には、育成したRPAエンジニアの派遣サービスを開始している。
 また10月1日には大幅な組織改正を行い、首都圏だけでなく全国的にRPAを推進する体制を整えたとのことで、その全国展開の足がかりとして、10月25日に大阪で「デジタルレイバーアカデミー」を開校するという。また福岡では、金融機関の顧客を中心としたニーズに応えるため、すでに同アカデミーを開校しているが、さらなる増員のため受講生募集をあらためて開始するとした。
 こうして、関西、九州から中部、中国、北海道までRPA事業を拡大することにより、日商エレでは2019年度末までに、全国で200名のRPAエンジニア育成を目指すほか、アカデミーと派遣サービスをあわせて、1億円の売り上げを目標としている。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク