あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

早稲田、帝京に9年ぶり勝利、同志社が初黒星。11月9・10日大学ラグビーの結果(J SPORTS)

スポンサードリンク

早稲田、帝京に9年ぶり勝利、同志社が初黒星。11月9・10日大学ラグビーの結果
[元記事]
天気に恵まれた11月9日(土)10日(日)の両日、大学ラグビーは関東大学対抗戦の4試合、リーグ戦2試合、そして関西大学Aリーグの4試合が行われた。

関東大学対抗戦は秩父宮ラグビー場で、開幕から4連勝同士の早稲田大学と帝京大学が激突した。
点の取り合いとなった対戦は、帝京大がWTB(ウィング)尾崎泰雅(3年)のハットトリックなどで残り10分まで24-32とリードしていた。
だが、早稲田大がルーキーのFL(フランカー)フランカー相良昌彦がトライを挙げて、29-32と3点差に迫る。

そしてロスタイム、連続攻撃を仕掛けてキャプテンSH(スクラムハーフ)齋藤直人が押さえてトライ。34-32で逆転勝利を収めた。早稲田大が帝京大に対抗戦で勝利したのは、2010年以来、9年ぶりのことだった。
MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いた早稲田のSH齋藤は「数多くのフェイズ重ねたことが勝利につながった。(トライは)最後、自分がグラウディングしたというだけ」とチームでのトライであることを強調した。

開幕から4連勝中だった明治大学は過去2年間、負けていた慶應義塾大学を寄せ付けず40-3で勝利し、早稲田大と明治大が開幕5連勝を飾った。
筑波大学、日本体育大学も勝利し、5連勝で早稲田大と明治大が並び、続いて4勝1敗の帝京大、2勝3敗の筑波大、日本体育大学、慶應義塾大と続く。

1位 明治大学 5勝0敗
1位 早稲田大 5勝0敗
3位 帝京大学 4勝1敗
4位 筑波大学 2勝3敗
4位 日本体育 2勝3敗
4位 慶應義塾 2勝3敗
7位 青山学院 0勝5敗
7位 成蹊大学 0勝5敗

関東大学リーグ戦は東海大学が46-15で法政大学に快勝し、唯一、開幕5連勝となった。
流通経済大学は接戦で大東文化大学を破り、4勝1敗で2位につけており、3位に今週は試合がなかった日本大学が3勝1敗で続いている。

1位 東海大学 勝ち点20(5勝0敗)
2位 流通経済 17(4勝1敗)
3位 日本大学 13(3勝1敗)
***
4位 大東文化 11(2勝3敗)
5位 法政大学 11(2勝3敗)
6位 拓殖大学  7(1勝3敗)
7位 専修大学  7(1勝3敗)
8位 中央大学  4(0勝4敗)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク