あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

アット東京、クラウドダイレクト接続サービスに新プラン追加(アスキー)

スポンサードリンク

アット東京、クラウドダイレクト接続サービスに新プラン追加
[元記事]
アット東京が、パブリッククラウドへの閉域網接続サービスを提供する「Cloud Direct Connect Pack」の新メニューとして、アット東京データセンターへのハウジング契約なしで、顧客側で用意した回線を利用できる「回線だけ持込パック」の申込受付を開始した。
 アット東京は2019年11月8日、パブリッククラウドへの閉域網接続サービスを提供する「Cloud Direct Connect Pack」の新メニューとして、アット東京データセンターへのラック設置なし(ハウジング契約なし)で顧客側が用意した回線を利用できる「回線だけ持込パック(BYO Comms Pack)」の申込受付を開始した。12月よりサービスを提供する。
 【もっと写真を見る】

 今年7月にサービス提供を開始したCloud Direct Connect Packは、顧客企業のクラウドなどへのネットワーク接続ポイントをアット東京データセンターに集約することで、シンプルかつ品質や信頼性の高いネットワーク環境を構築するサービス。従来は、顧客拠点への回線までを含めてアット東京がパッケージ提供する「お手軽パック(FULL PACK)」と、顧客が用意した回線と顧客専用ラックスペースを使って環境を構築、利用する「持込パック(BYO PACK)」という2つのメニューが用意されていた。
 
 今回追加された回線だけ持込パックは、上述した2つのメニューの中間にあたるメニューとなる。顧客拠点~アット東京データセンター間の回線には顧客側で用意したものを使えるが、専用ラックスペースを契約する必要はない。具体的には、顧客回線のONU(回線終端装置)を、アット東京が管理するラック内で預かり、運用管理する。クラウド接続に必要なBGP対応ルーターについても、アット東京が運用する仮想化環境を使った「仮想マネージドルータサービス」を提供する。
 
 アット東京データセンターでは、Amazon Web Service(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、IBM Cloudへのダイレクト接続ポイント(POP)を構内に備えており、低遅延かつ高信頼な閉域網接続が可能。また短納期も特徴としており、たとえばONU預かりや構内配線、仮想マネージドルータなどの構成は申込後6営業日で完了するとしている。
 
 また今回のメニューは専用ラック契約が不要なため、月額7万9500円(税抜、AWSへの200Mbps占有接続+仮想マネージドルータ+ONU預かりの場合)から利用できる。
 
 
文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク