あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

ソフトバンクC&S、GLIDiCブランドのBluetoothイヤホン3製品(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ソフトバンクC&S、GLIDiCブランドのBluetoothイヤホン3製品
[元記事]
 ソフトバンクコマース&サービスは、オーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」の新製品として、ワイヤレスイヤホン3製品を発売する。【この記事に関する別の画像を見る】 発売される製品は、完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」および「Sound Air TW-5000s」と、ネックバンドタイプの「Sound Air WS-5100」。
 発売予定日は「Sound Air TW-5000s」が11月30日、「Sound Air TW-7000」と「Sound Air WS-5100」は12月14日。SoftBank SELECTION オンラインショップとAmazonで11月15日から予約を受付している。
■完全ワイヤレスイヤホンの上位モデル「Sound Air TW-7000」
 完全ワイヤレスイヤホンの上位モデル「Sound Air TW-7000」は、長時間の着用による耳への負担を軽減するために、カスタムイヤホンメーカーのカナルワークス社の監修のもと、耳へのフィット感を追求した独自のイヤホン形状で、快適なフィット感と遮音性を実現しているという。
 10分間の充電で約2時間の連続再生が行える「Fast Charge」に対応、フル充電時の連続再生時間はイヤホン単体で約9時間、充電ケース併用で約25時間。
 ドライバーユニットはダイナミック型の直径5.6mm、再生周波数帯域は20Hz~20kHz、インピーダンスは16Ω、音圧感度は90dB/mW。Bluetoothバージョンは5.0、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックはSBC、AAC。
 充電時間はイヤホン本体が約1時間、充電用ケースが約2時間。充電用ケースのインターフェイスはmicroUSB。大きさはイヤホンが約23×19×24mm、充電用ケースが約80×28×36mm。重さは片道約6.5g。充電用ケースはストラップホールを備える。
 充電ケースにイヤホンを収納すると電源オフに、充電ケースからイヤホンを取り出しすると電源がオンに切り替わるため、電源のオンオフを意識する必要が無い。また、初回は自動でスマートフォンとのペアリング設定モードになるため、初期設定も簡単という。
 音楽などを聴いている最中でも、周囲の音を認識できる「Multi-communication Mode」に対応する。イヤホン本体のボタンで曲の再生・停止や曲送り・曲戻し、着信時の応答、ボリュームの調整などが行える。
 SoftBank SELECTION オンラインショップでの販売価格は1万4990円(税込、以下同)。
■ネックバンドタイプ「Sound Air WS-5100」
 ネックバンドタイプの「Sound Air WS-5100」は、ダイナミック型直径10mmのドライバーユニットを搭載、再生周波数帯域は20Hz~20kHz、インピーダンスは16Ω、音圧感度は96.2dB/mW。
 Bluetoothバージョンは4.2、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックはaptX、AAC、SBC。カラーバリエーションはホワイト、ブラックの2色。
 連続再生・通話時間は約12時間、フル充電時間は約27分間。10分間の充電で約5.5時間の連続再生が行える。充電用のインターフェイスはmicroUSB、重さは約37g。SoftBank SELECTION オンラインショップでの販売価格は8510円。
■「Sound Air TW-5000s」
 完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000s」は、GLIDiCブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」の後継モデルにあたる。
 音楽を聴いている最中でも外部の環境音を取り込める「Multi-communication Mode」に対応するほか、ケース収納時のスタンバイ時間が前モデルの約4倍の最大60日に延長されている。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色。
 充電ケースにイヤホンを収納すると電源オフに、充電ケースからイヤホンを取り出しすると電源がオンに切り替わるため、電源のオンオフを意識する必要が無い。また、初回は自動でスマートフォンとのペアリング設定モードになるため、初期設定も簡単という。
 イヤホン本体のボタンで、曲の再生・停止や曲送り・曲戻し、着信時の応答、ボリュームの調整などが行える。
 主な仕様は、ドライバーユニットがダイナミック型直径6mm、再生周波数帯域は20Hz~20kHz、インピーダンスは16Ω、音圧感度は104dB/mW、Bluetoothバージョンは5.0、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。対応コーデックはAAC、SBC。
 連続再生・通話時間はイヤホン単体で約3時間、充電用ケース併用時は約10時間。充電時間はイヤホン本体が約1.5時間、充電用ケースが約2時間。インターフェイスはmicroUSB。大きさはイヤホンが約25×17×23mm、充電用ケースが約42×42×32mm、重さは片耳約5g。
 SoftBank SELECTION オンラインショップでの販売価格は9860円。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク