あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

Photoshop、ざっくり囲むだけで複雑な形状も範囲選択可能に(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Photoshop、ざっくり囲むだけで複雑な形状も範囲選択可能に
[元記事]
 Adobeは(米国時間)、「Adobe MAX 2019」にて、アプリケーションプラットフォーム「Creative Cloud」製品のアップデートについて発表した。【この記事に関する別の画像を見る】 今回のアップデートでは、同社の人工知能「Adobe Sensei」が活用されており生産性の向上を謳うほか、ユーザーのフィードバックを反映して、多数のアプリで動作速度などが改善されている。
 新たに発表されたiPad版アプリやWindowsタブレット向けアプリについては別記事(Adobe、iPad版Illustrator発表。iPad版Photohop/Windows版Frescoも提供開始)を参照されたい。
 Photoshop CCはクラウドドキュメントに対応し、iPad版からスムーズに編集作業を切り替えることが可能となった。
 AI関連では、オブジェクト選択ツールがAdobe Senseiによってより高度化され、選択したい被写体が収まるように矩形選択するだけで、オブジェクトを認識して自動で範囲選択してくれる。「エッジを塗りつぶし」機能も強化されている。ワープ機能も改善され、分割数の調整や制御が向上している。
 Lightroomでは速度向上のほか、パノラマ写真生成ツールでコンテンツに応じた塗りつぶしが可能となった(Lightroom Classic含む)。
■DVA製品も高速化や機能が追加
 動画関連では、Premire Proで、被写体を認識し中央に捉えて複数の解像度/アスペクト比の映像を一度に生成できる「オートリフレーム」機能が追加。HDRへの対応や対応フォーマットも追加されている
 After Effectsではプレビューとプレイバックの動作改善、グラフィックテキストの機能強化、Character Animatorではキーフレーム機能の追加やUI改善などが行なわれている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク