あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

その時、山下健太と関口雄飛は何を考えていた? 最終戦のオーバーテイク劇を振り返る(J SPORTS)

スポンサードリンク

その時、山下健太と関口雄飛は何を考えていた? 最終戦のオーバーテイク劇を振り返る
[元記事]
最終戦まで白熱した2019シーズンのSUPER GT(GT500クラス)チャンピオン争い。その中で“数年に一度”と言っても良いほどの名バトルが生まれた。山下健太(No.6 WAKO’S 4CR LC500)と関口雄飛(No.36 au TOM’S LC500)の攻防戦だ。
このバトルの結果がシリーズチャンピオンの行方を左右するものだっただけに、大きな注目を集め、手に汗握りながら観戦していたというファンも多かったことだろう。
その時、山下と関口は何を考えていたのか? レース後のふたりのコメントをもとに、今回のオーバーテイク劇をそれぞれの目線で振り返っていく。
53周で争われた最終戦もてぎラウンド。各車がドライバー交代を終え、30周を過ぎた段階でGT500クラスは36号車(関口)がトップを走行、そこにNo.37 KeePer TOM’S LC500(平川亮)、6号車(山下)が続くというレースが展開だったが、状況が一変したのは32周目だった。
3コーナーに差し掛かった際、36号車の関口がGT300クラスに詰まった隙をついて37号車の平川がインに飛び込みトップが入れ替わった。予選では他を圧倒する走りを見せ、決勝でも前半スティントまでは完璧な走りを見せていた36号車だが、関口のスティントになって、いくつかの問題を抱えていたという。
「特にリヤが滑ってトラクションをかけられない状況が続きました。37号車に抜かれた時もけっこう辛かったですが、そこから5周くらいしてさらにキツくなってしまいました。前日からロングランのペースも良かったんですけど、決勝はタイヤのタレがあったなという感じ。あと燃費も厳しくて、最後はずっと燃費走行をしていました。普通は(燃料が)足りるはずなんですけど、今回は急に(燃料が足りないかもしれないと)言われました」(関口)

ただ、同じTOM’S同士での順位交代。もし37号車が優勝し6号車が3位以下でフィニッシュすれば、平川/キャシディ組の逆転チャンピオンとなる。それだけに、このトップ交代を“チームオーダー”と捉える人も少なくなかった。それを実際に真後ろで見ていた山下も、このようなことを考えたという。
「(ポジションの入れ替えは)やるだろうなとは思っていましたが、実際にそれを目の前で見たら『本当にやりやがったな!!』と思って、スイッチが入りました。あの時に関口選手が少しリズムを崩している感じだったので、その隙を狙おうとしましたが前に出られませんでした」(山下)
その後、何度も横に並びかけようと試みた山下だが、ここでは関口を攻略することができなかった。そこから2台はしばらくこう着状態が続いた。
「ずっとチャンスを伺っていましたが、やっぱり(GT300の絡みがない)単独で走ると、ついていくのが精一杯になってしまうので、ずっとGT300が変なタイミングで詰まらないかを見ていました。そこしかチャンスはないと思っていました」(山下)
「今回は本当にGT300クラスとの巡り合わせがとにかく悪くて3コーナー、S字、最終コーナーで全部引っかかってタイムロスしていました。レース終盤は全部GT300に引っかかったのが原因で後続のマシンに追いつかれてしまいました。本当にタイミングが悪すぎました」(関口)
そして迎えた38周目、山下に最大のチャンスが到来した。ヘアピンに差し掛かるところで関口が2台のGT300車両に引っかかったのだ。コーナー進入の段階でGT300車両を処理できなかった関口は、まずは後ろに迫っていた山下からどう逃げるかを考えていた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク