あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

MacBook Pro 16インチモデル登場。新キーボード採用で物理Escキーが復活(Impress Watch)

スポンサードリンク

MacBook Pro 16インチモデル登場。新キーボード採用で物理Escキーが復活
[元記事]
 Appleは、MacBook Proの16インチモデルを発表した。すでに販売開始されており、税別直販価格は248,800円から。【この記事に関する別の画像を見る】 これまでの15インチモデルを置き換えることになり、Retinaディスプレイの解像度は2,880×1,800ドット(220ppi)から、3,072×1,920ドット(226ppi)へと向上。500cd/平方mの高輝度とDCI-P3対応の広色域を備えている。
 ディスプレイのサイズが大きくなったことで、筐体のサイズも15インチモデルの349.3×240.7×15.5mm(幅×奥行き×高さ)から、357.9×245.9×16.2mm(同)へと大型化。重量に関しても1.83kgから2kgへと増量している。
 キーボードは新しいシザー構造のMagic Keyboardが採用され、1mmのストロークながら打鍵感が向上。さらに、Touch Barは備えているものの、Escキーを物理キーとして実装。矢印キーも以前のT字型へと戻された。
 CPUは15インチモデルと同じく第9世代品で、8コア/16スレッド動作のCore i9と、6コア/12スレッド動作のCore i7を用意。ディスクリートGPUはGDDR6メモリを備えたRadeon Pro 5500Mまたは同5300Mを搭載する。冷却機構が進化したことで、従来と比較してエアフローが28%改善されており、ヒートシンクも35%大型化。最大で12W以上作業負荷を高められるようになった。
 メモリは最大64GB、SSDについては8TBまで搭載可能。ストレージはこれまでの構成では選択できなかった容量を実現し、ノートPC史上最大容量のSSDを謳う。なお、8TB SSD選択時は本体価格に加えて、税別242,000円が加算される。
 スピーカーは完全に再設計された6スピーカーハイファイサウンドシステムを採用。Appleが特許を持つフォースキャンセリングウーファーがデュアルオポーズドスピーカードライバを使うことで、音を歪ませる振動を低減するという。また、マイクアレイはヒスノイズを40%低減できるようになっており、プロ仕様のデジタルマイク並みのS/N比実現したとしている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク