あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

24時間クラウド録画無料・180度広角Wi-Fiネットカメラ「SpotCam Pano」を衝動買い(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

24時間クラウド録画無料・180度広角Wi-Fiネットカメラ「SpotCam Pano」を衝動買い
[元記事]
台湾に本拠をおくSpotCamのクラウド録画対応の180度パノラマネットワークカメラを衝動買い。【もっと写真を見る】

 四半世紀の時が経過して、普通の人には全く手も足も出なかった難解なインターネットカメラの世界も、ネットワークの高速化と低価格化、そしてスカイプが衝撃を与えた「P2P技術」のお陰で急激に進化した。
 
 そしてレガシーだけど、社会では普及率の高いCCTV(closed‐circuit television)や昨今のスマートフォンカメラ技術やクラウドストレージの概念を取り込んでますます成長している。
 
 今回ご紹介するのは、台湾に本拠をおくSpotCamのクラウド録画対応の180度パノラマネットワークカメラだ。クラウド録画なので、公開・非公開を管理して、仲間内で共有することも、広く一般に公開して、より多くの人に見てもらうことも可能だ。
 
 パッケージはグローバル仕様だが、取説、保証書、アプリなどは全て日本語化されている。国内ではP2Pカメラで最大級のシェアを持つ「スマカメ」のプラネックスコミュニケーションズが販売、サポートサービスをする。
 
 パッケージ内には、SpotCam Pano本体(専用ブラケットスタンド付き)、ACアダプター、給電用USBケーブル、壁面取り付けネジ、保証書、取説、クイックスタートガイド、SpotCamのプロモーション・デカールが同梱されている。
 
 SpotCam Panoは、専用ブラケットスタンドで設定位置や角度を変更してフォーカスポイントを360度自由に選択可能だ。180度の広角レンズでフルハイビジョン(1920X1080ピクセル)対応だ。本体前面には赤外線LEDを12個搭載、暗くなると自動的に点灯する為、暗い室内での動画撮影も可能だ。
 
 そして従来のMotion JPEGやMPEG-4のカメラと異なり、H.264圧縮方式を採用し、帯域幅が狭くても綺麗な高画質の動画の再生が実現できる。ネットに接続したパソコンからスマホまで多くの機器から快適に綺麗に動画再生をビューできるのが特徴だ。
 
 再生系に関して最先端を行くSpotCam Panoは、導入作業も極めて簡単だ。既にSpotCamの製品ユーザーなら、新たにSpotCam Panoを新しい仲間として加えるだけ。SpotCam Panoから初めてユーザーになったのなら、アカウント登録から行なう。
 
まずはアカウントを取得しよう
 パソコン上でブラウザを使っての導入作業も、スマホでの導入作業も基本的には同様だ。今回はパソコンで同社のウェブサイトにアクセスして新しいSpotCam Panoを追加してみた。筆者は既にSpotCamのユーザーなので、ログインして「SpotCamの追加」を選択する。続いて表示されるSpotCamのラインナップの中から「SpotCam Pano」を選択。AP(Access Point)モードでまずはSpotCam Panoとダイレクトに接続し、続いて、今度はSpotCam Panoが再起動して指定したWi-Fiルーターに接続されれば設定作業は終了だ。
 
 筆者は、SpotCam PanoをOlasonicのBluetoothスピーカーの上にのっけて無造作に前方を撮影する格好で放置していたが、すぐにパソコン画面上に今SpotCam Panoが見ているシーンが再現された。
 
 スマホなら、SpotCamアプリをGoogle PlayやApp Storeからダウンロード、導入することで、パソコンの時と同様、すぐにLIVE動画や過去の撮影動画を見ることができる。SpotCam Panoには無料の1日間(24時間)クラウド録画サービスがあるので、ひとまずは忘れない内に申し込んでおくとよいだろう。
 
 現在時刻から24時間以前までなら、アプリのタイムバー(時間軸)から遡って何時でも何処からでもその録画内容を見ることができる。使っているうちに動画録画が便利だと思えるユーザーなら、3日録画(39ドル/年)、7日録画(59ドル/年)、30日録画(199ドル/年)から自分にピッタリなタイプを選択すれば良いだろう。
 
 SpotCam Panoで便利なのは、カメラ本体に内蔵された「動作検知」と「音声検知」のセンサーによる「お知らせアラート」やタイムライン上の感知したタイミングに自動的に付けられるのマーカーだ。筆者のSpotCam Panoが残したある日の15時40分ころの動画録画を見てみるとさまざまな情報が分かる。
 
 マンションの共用廊下で何か異変があったのか、我が家のワンコであるボビーが廊下を走ったり吠えたりした結果が動画と共に記録されている。赤い吹き出しマークはボビーが吼えた時。青い吹き出しマークはボビーが走った時。そして緑の吹き出しマークはボビーが走りながら吠えた時って感じだろうか。
 
 たったこれだけの画面を後からさかのぼって見ることでさまざまな情報が盛り込まれていることが理解できる。全く同じ時間をスマホのアプリのプレイバックで観てみてもほぼ同様のデータを見ることができる。
 
 動作や音声の検知センサーの管理はアプリの「設定」画面で詳細に管理することができる。設定画面には、カメラ名の設定や、録画の品質、ナイトビジョンの選択、録画の上下180度回転、そしてアラートの管理、カメラマイクの感度やスピーカーボリュームの調整、タイムゾーンの選択や、契約しているクラウド録画サービスの種類などを一覧し、変更、管理できる。
 
 今回は、その中でも一番興味深い「アラート」の管理を少し掘り下げてみたい。普通、アラートと言うのはオーナーに何らかの異常を知らせて、その対応を促すものだ。なので、アラートの送り先から始まり、アラート送信の条件、アラートの手段、アラート設定のスケジュールなどが一般的だ。
 
 アラートを自動で送ってくれるIoT機器の場合、一番大事なのはアラート送信の条件設定だろう。SpotCam Panoの場合は、動作検知と音声検知のそれぞれにおいて、モーション感度やそのスレッショルド管理、音声感度などをユーザーの必要にお応じて選択できる。
 
 設定のスレッショルドによっては、頻繁にアラートメールやお知らせが来てスマホやパソコンがアラートの鳴りっぱなしになることもあるので、SpotCam Panoを設置する目的や場所をよく考えて2~3日かけて設定調整をしながら最適値を求めるのが良いだろう。
 
 適切なタイミングにメールアラートを受け取りたければメールアラートの送信先に必要なメアドを登録すれば確実だ。また動作検知・音声検知のタイミングでSpotCam Panoからサイレンを鳴らして設置場所周辺への警告、威嚇も可能だ。サイレンの音量や継続時間も自由に設定できる。
 
 スケジュール編集はアラートスケジュールを選択することで管理できるアラートをオフにする曜日や時間帯の設定だ。オフィスなどに設置している場合は、人の居る時間帯にはアラートをオフにすることなどが考えられる。
 
 SpotCam Panoは一般的なドライブレコーダーのように常時監視してその状況をクラウドストレージに保存して、いつでもそのアラートの起こった時間帯までさかのぼって様子を見られることが大きな特徴だが、「カメラ休眠」を選択することで、動作検知や音声検知、あるいはその両方に変化があった場合のみ映像をストリーミングし、それ以外の状況ではカメラを休眠させることもできる。使う側の目的に応じて、さまざまな設定の選択ができるのは極めてありがたい。
 
「フルコードレスSpotCam Pano」を組み立てた
 さてSpotCam Panoが便利なことは良くわかったが、せっかく無線でコードレスなのだが、ネットカメラと聞けばすぐに屋外を撮ってみたいと考える筆者にはACアダプターが常時必要なところだけはちょっと残念だ。ということで、今回も、衝動買いが過ぎて自宅に大量に余っているUSBモバイルバッテリーを活用して「フルコードレスSpotCam Pano」を組み立ててみた。
 
 用意するものはUSBモバイルバッテリーとできるだけ短いmicroUSBケーブルの2つだけ。最初はそのままのSpotCam Panoで使っていたが、よく見てみるとどうもカメラユニット部分とブラケットスタンド部分は分離できそうだ。思い付いたらすぐにしないと気が済まない質なので速攻でやってみた。
 
 そして秋葉原の裏通りやネットショップで売られている「Type-A・microUSBプラグアダプタ」を使えば、その2つを直結できてしまう。直結した状態でSpotCam Panoが見ている画面もキャプチャしてみた。これで100%ケーブルレスSpotCam Panoの出来上がりだ。
 
 どうせ余っているUSBモバイルバッテリーを使うならもっと怪しい方が面白そうなので、意外に家族にも友人にも人気の無いスパイダーマンUSBモバイルバッテリーに直結してみたが、これがなかなかだ。いずれにせよ、メーカー、販社の全く保証しない使い方なので、良い子は絶対に真似しないように。これは自己責任で遊びをマキシマイズしたい大人の悪ノリだ。
 
スマートスピーカーとの連携も可能
 最後に、レガシー大好きな筆者的にはそれほど興味をそそられる内容ではないのだが、昨今、この手のアイテムのセールストークの最後は、いつも「スマートスピーカーに繋がります!」例の「アレクサ何とかして!」だ。
 
 今回ご紹介のSpotCam PanoももちろんGoogle HomeでもAmazon Echoでも問題なく接続連携できる。残念ながら筆者宅ではGoogle対Amazonのスマートスピーカーの稼働比率は、1対5と圧倒的なアマゾンワールドなので、今回も試してみたのは筆者の寝室に設置しているAmazonプライムビデオ再生専用機のようになってしまっているAmazon Echo Showだ。
 
 接続方法は極めて簡単だ。SpotCamのウェブサイトから「Amazon Alexaに接続」を選択。続いての画面でSpotCamスキルを有効にする。そしてカメラのアカウントにログインして「接続を許可」。スマホ上のAlexaアプリに入って、新しく加わったSpotCamデバイスを見つけて設定するだけで終了だ。あとは「Alexa!カメラを見せて」と言えば、ほんのしばらくインターバルはあるが、筆者のEcho show上に今現在SpotCam Panoが撮影している動画を見ることができる。
 
 このように同じネットワーク下にあれば、Echo showに声がけしてSpotCam Panoの見ている現在の様子をオンデマンドで知ることができるが、筆者が便利だと思ったのは、Windows10環境で原稿を書いている最中にも、デスクトップ画面右下のお知らせエリアにアラート条件に合致した状況があれば現在の写真と共にお知らせが来ることだ。
 
 1階の店舗と2階のオフィスや自宅、子供部屋と書斎、寝室など、そういうシチュエーションは極めて多いだろう。またSpotCam Panoは極めて軽量かつコンパクトなので、Wi-Fiの届く範囲なら何処にでも持っていけることがうれしい。最近では、出かける前にワンコの寝床にフォーカスしてSpotCam Panoを設置している。
 
 今回は少し時間と気力がなくてテスト出

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク