あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

初音ミクが創造した「誰でもクリエイター」文化のある世界(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アメリカ、イギリス、中国のブロックチェーン関連規制の最新事情
[元記事]
2007年に発売され、爆発的な大ヒットとなった「初音ミク」は、VOCALOIDという歌声合成ソフトと少女の声を収録した音声ライブラリをパッケージし、それにバーチャルシンガーのキャラクターを持たせたもの。今回、VOCALOIDの開発をリードしているヤマハの吉田雅史氏と、クリプトン・フューチャー・メディア 初音ミク歌声合成関連プロジェクト・プロデューサーの佐々木渉氏が、NoMaps2019にて、VOCALOID文化の魅力とその成長のすべてを語った。
 2007年に発売され、爆発的な大ヒットとなった「初音ミク」。VOCALOIDという歌声合成ソフトと少女の声を収録した音声ライブラリをパッケージし、それにバーチャルシンガーのキャラクターを持たせた。自然な歌声だけでなく、魅力的なキャラクターがニコニコ動画やYouTubeの普及とともに若者を中心に受け入れられ、音楽のみならずゲームや漫画、アニメなど活躍の場が急速に拡大。ニコニコ動画における「初音ミク」タグのついた動画は23万本、「VOCALOID」タグのついた動画は52万本を超えるなど、プロの作曲家・音楽家ではない一般の音楽愛好家が自作のコンテンツを創作・公開するCGM(Consumer Generated Media:消費者生成メディア)文化の発展に多大なる貢献を果たすこととなった。
 
 特に若者における高い知名度により、トヨタ、Google、SONY、ユニリーバ・ジャパンや江崎グリコといった国内外の大企業がプロモーションやTVCMに起用するなど、単なる一過性のブーム以上の存在、日本のポップカルチャーの一翼を担う存在となっている。
 
 そのVOCALOIDの開発をリードしているヤマハ株式会社 電子楽器開発部 ソリューション開発グループの吉田雅史氏と、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 初音ミク歌声合成関連プロジェクト・プロデューサーの佐々木渉氏という、VOCALOIDの裏の裏まで知り尽くした2氏がVOCALOID文化の魅力とその成長のすべてを語ったNoMaps2019のセッションをレポートする。
 【もっと写真を見る】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク