あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

Kingstonは、CESにてGen4対応のSSDやQi対応ゲーミングヘッドセットなどを公開(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Kingstonは、CESにてGen4対応のSSDやQi対応ゲーミングヘッドセットなどを公開
[元記事]
Kingston Technologyは、CES 2020においてパートナーやメディア向けにKingstonブランドと、同社のゲーミングブランドであるHyperXブランドのプライベートスイートを設け、新製品や開発中の製品などを公開した。
 Kingston Technologyは、CES 2020においてパートナーやメディア向けにKingstonブランドと、同社のゲーミングブランドであるHyperXブランドのプライベートスイートを設け、新製品や開発中の製品などを公開した。
 【もっと写真を見る】

 HyoperXブランドでは、ワイヤレス充電に対応したゲーミングヘッドセットや、スマホ用のグリップにもなる充電アクセサリなどが公開された。
 
「CLOUD FLIGHT S」は、現行製品のCLOUD FLIGHTのワイヤレス充電対応版という位置付けで、イヤーカップにQi充電機能を統合し、同社のワイヤレス充電アクセサリである「HyperX ChargePlay Base」などに置くだけで、充電ができるというもの。ヘッドホンドライバには50mm径のネオジムドライバを採用、PCやPS4との接続には、2.4GHz帯の独自無線方式の他、USBケーブルによる接続もサポートし、7.1chバーチャルサラウンドサウンドの再生を可能にする。
 
 イヤーカップには現行のCLOUD FLIGHT同様、ボリュームコントロールダイヤルやマイクのミュートボタンなどが装備されているが、イヤーカップにタッチボタンを搭載し、同社の統合設定ソフトウェア「HyperX NGENUITY」を用いて、ボリューム調整やメディアコントロール機能を割り振れるため、ワンタッチでチャットに最適なボリュームバランスに設定できたりする。同社は本製品を北米市場では2月に投入予定であり、価格は現行モデルのCLOUD FLIGHTと同じ159ドル(約1万7400円)に据え置く考えだ。
 
 スマホ用のワイヤレス充電アクセサリとなる「ChargePlay Clutch」は、iPhoneやAndroidスマートフォンを挟み込むグリップ形状のモバイルバッテリにQi対応のワイヤレス充電機能を統合した製品。
 
 同社は北米市場においてゲームコンソール向けの充電ソリューションを拡大しており、昨年からソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation 4」やMicrosoftの「XBOX ONE」、任天堂の「Nintendo Switch」向けの充電アクセサリを発売。昨年末には6000mAhのバッテリを搭載できるキックスタンドと、Joy-Conグリップをセットにした「ChargePlay Clutch Nintendo Switch」という同等の製品(ただし、充電はUSB経由)を北米市場に投入している。
 
 今回発表したChargePlayは、同社の充電アクセサリのエコシステムをゲームコンソールだけでなく、スマホゲーム市場にも拡大するものであり、北米市場向けには今年第2四半期に59.99ドル(約6600円)で投入予定ということだ。
 
 このほか、HyperXブースには、11個のプログラマブルボタンを搭載し、Pixart 3389センサー採用することで最大16,000DPIまで設定可能なゲーミングマウス「Pulsefire Raid」を発表。マウススイッチには2000万回のクリック耐性をほこるオムロン製スイッチを採用。各ボタンの設定や、ホイールとHyperXロゴのRGB設定はHyperX NGENUITYから行なえる。
 
 北米市場においては1月末より発売が開始され、価格は59.99ドル(約6600円)となる見込みだ。さらに同社初となるRGB対応マウスパッド「Fury Ultra」も発表され、Pulsefire Raid同様、北米では1月中に発売される予定になっている。その価格は54.99ドル(約6000円)となる。
 
Gen4対応のM.2 SSDやUHS-II対応のSDカードを公開
 一方、Kingston Technologyブースでは、現在開発中のMarvell製コントローラを採用したPCI-Express 4.0(Gen4)x4接続のM.2 SSDや、最大312MB/sの転送速度を実現するUHS-II規格に準拠したSDカード/microSDカードを展示した。
 
 同社が開発コードネーム“Grandview”と呼ぶM.2 SSDには、MarvellのPCI Express 4.0 x4/ NVMe 1.4対応となる4チャンネルコントローラ“Whistler Plus”を採用する。同社は、本製品を今年第2四半期に市場投入したい考えだが、性能的にはシーケンシャルリード性能で最大4500MB/s程度になると見られており、デスクトップ市場よりは、省電力でかつ低発熱が求められるモバイル市場をターゲットとした製品のようだ。
 
 また、Kingstonはさらに、より高性能なPCI Express 3.0 x4対応のM.2 SSDとして、開発コードネーム“Seccos”と呼ぶ、8チャンネルコントローラを採用した製品のデモも披露。シーケンシャルリード最大3500MB/s、シーケンシャルライト最大3000MB/sと、PCI Express 3.0 x4接続の実効転速度の上限に迫る性能を持つ製品となり、実際のベンチマークパフォーマンスも披露された。
 
 
文● 本間 文 編集●ジサトラハッチ/ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク