あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

深遠なる黒!! 富士通の4K HDR有機ELノートPCで、映画や音楽を思い切り楽しんでみた(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

深遠なる黒!! 富士通の4K HDR有機ELノートPCで、映画や音楽を思い切り楽しんでみた
[元記事]
 富士通クライアントコンピューティング株式会社(FCCL)から、15.6型ノートPCの新モデルとして発売された「AH/D3シリーズ」(税別直販価格13万円弱から)。その最上位モデルの「AH-X/D3」(同25万円前後)は、なんと有機ELディスプレイを搭載している。もちろん、解像度は4K(3,840×2,160ドット)でHDRにも対応。VESAの定める有機ELパネル向けHDR対応認証規格「DisplayHDR 500 True Black」をクリアしている。【この記事に関する別の画像を見る】 CPUはCore i7-9750H(6コア/12スレッド、2.6~4.5GHz、UHD Graphics 630)で、メモリは8GB。ストレージは1TB NVMe SSDと、かなりのハイスペックとなっている。光学ドライブは、UHD BDとBD XLに対応したBlu-ray Discドライブで、スーパーマルチドライブ機能もサポートする。
 そして、スピーカーはONKYOと共同開発したステレオスピーカーを内蔵。スピーカーおよびヘッドフォン出力ともにハイレゾ音源の再生/出力が可能。このように、UHD BDソフトの再生をはじめ、多彩な動画配信サービス、ハイレゾ音源や音楽配信サービスを高画質、高音質で楽しめる強力なAV機能を備えたモデルだ。
 昔に各社が販売していた“テレパソ”や“AVパソコン”とは少々異なるものの、かなりAV用途を強化したモデルとなっている。そんなAV機器としての実力を検証するため、筆者に声がかかった。というわけで、ここではAH-X/D3のオーディオ・ビジュアル機器としての実力をチェックしていく。
■画面は高精細。人感センサーで有機ELの焼き付きを防止
 外観は普通のノートPC。しかし、画面が黒い! 筆者の自宅に届いたコンパクトな梱包を開けてみると、AH-X/D3が姿を現した。見た目は今風のノートPCだ。サイズ感としてはA4ファイルサイズという感じで、よりコンパクトで軽量なモデルが主流となったいまではやや大きめに感じる。
 インターフェイスとしては、USB 3.1 Type-C、USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI出力、マイク・ラインイン/ヘッドフォン・ラインアウト兼用端子(3.5mmステレオミニ)、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0などで、このほかにSDカードスロットも備える。ノートPCとしてはかなり充実した装備だ。
 4K解像度の画面はなかなか精細だし、非常に色が豊かな印象だ。これはもちろん有機ELパネルの実力だ。画面に顔がくっつくくらいに近づいても画素が見えないし、カメラのレンズで拡大してみると、有機EL TVとは画素配列などが異なっていることがわかる。
 有機ELパネルの製造メーカーは明かされていないが、15.6型というサイズからも薄型TV用パネルとは違う、スマートフォンやタブレットなどで使われている中~小型パネルを大画面化したものだろう。発色の良さ、コントラスト感の良さは有機EL TVとほぼ同様の印象だ。PC用のディスプレイとしては、応答速度が速いので残像感が極小というのも大きな特徴になるだろう。
 ただし、アイコンや文字の表示は、ドットバイドットの表示では小さすぎて見るのがつらい。出荷時の設定ではアイコンや文字を250%の拡大表示になっていた。これでフルHD画面のモデルに近い感覚で使える。動画や画像の表示などはドットバイドットで表示できるので、UHD BD再生や高解像度フォトの表示なども問題なく行なえる。
 キーボードもテンキーつきのフルキーボードとなっている。ストロークは浅めながらもカチっとした感触があり、使い心地は良い。たくさんのキーが筐体の横幅一杯に詰まっている感じはあるが、狭苦しい感じはなかった。AVに強いノートPCとは言っても、一般的な作業などもしっかりとこなせるだろう。
 大きく印象が異なるのが、黒基調となったUI(ユーザーインターフェイス)のデザインだ。これは、出荷時の設定で黒基調のものが選ばれており、OSの設定で一般的なデザインに切り替えることもできる。黒を主体としたデザインは、いかにもAV用途の機器のようで好ましく感じた。
 実際は、同じ画面を長時間表示していると焼き付きという現象が起こりやすい有機ELの特性に合わせたデザインだ。しかも、ディスプレイに内蔵されたカメラなどを使った人感センサーを備えており、人が画面に向かっていないときはディスプレイ照度を最低に落とし、画面の前に人が戻ると照度を復帰させる機能も持っている。
 こうした工夫で、有機ELの焼き付き対策が施されている。もちろん、これで焼き付きの心配はなしというわけではないが、少なくとも電源を入れっぱなしのまま放置してしまうような、ついついやってしまいそうなミスは防げるだろう。
 ディスプレイとサウンド周りの設定を確認してみたが、HDRにきちんと対応し、HDR表示とSDR表示での画面の明るさの調整なども行なえる。サウンドの設定では、内蔵スピーカーとヘッドフォン出力についての設定ができ、OSが備える立体音響「Windows Sonic for Headphoe」も選べる。
■ハイレゾ音源の音楽再生でスピーカーとイヤフォンを試す
 まずは内蔵スピーカーおよびヘッドフォン出力の音質をチェックしてみた。ハイレゾ音源を保存したUSBメモリをセットし、エクスプローラーからファイルをダブルクリックすると、「Grooveミュージック」が起動した。これが出荷時の設定だろう。再生アプリは好みもあるので、自分がこれまでによく使っているアプリをインストールして使ってもいい。
 「ゴジラ : キング・オブ・モンスターズ」のサントラ(48kHz/16bit FLAC)を再生してみると、さすがに低音の伸びは不足するものの、個々の音はクリアで帯域バランスも整っている。ONKYOと共同開発したスピーカーの出来も良いが、AH-X/D3にはDiracの音質補正技術も盛り込まれている。
 Diracをよく知らない人もいるかもしれないが、スウェーデンの音響技術会社で、モバイル機器や自動車、劇場などの音響設計や調整のためのソリューションを提供している。自動車ではBMWやベントレー、ボルボ、ロールスロイスといったメーカーに技術提供をしているし、プロオーディオの世界でも、日本のパイオニアをはじめ、データーサットやバルコ、dtsといった業務用映像機器メーカー、セータデジタルやアーカム、ストームオーディオといった海外のオーディオメーカーにもその技術が採用されている。とくにコンシューマ向けの技術では高精度な音響補正技術が注目されており、周波数特性を整えるだけでなく、位相特性までも補正する技術を持つ。
 こうした優れた補正技術を組み合わせることで、キーボードの上にあるスピーカーから音が出ている感じはなく、画面から音が出ているような自然なステレオ音場を実現している。音質的にもクセっぽさはないし、オーケストラによる力強い演奏もきめ細かく再現するし、男性のパワフルなコーラスやかけ声も、力強く響く。
 このほか、女性ボーカルも透明感のある高音域を澄んだ音色で聴かせてくれるし、発音も明瞭だ。ハイレゾ音源を存分に楽しむならば、よりしっかりとした外部スピーカーなどを組み合わせたほうがいいのは当然だが、内蔵スピーカーとしては十分な実力だと思う。
 なお、さまざまな音源で試してみたが、出荷時設定の「Grooveミュージック」では、192kHz/24bitのWAV、FLAC音源の再生まで可能だった。一方で、DSD11.2MHz音源の再生はできなかった。DSD11.2MHz音源は流通するソフトの数も少ないのであまり気にする必要はないが、そういった音源まで幅広く再生するならば、対応する再生アプリを新規に追加しよう。
 続いてはイヤフォン出力だ。テクニクスのEAH-TZ700をつないで聴いてみたが、「ゴジラKOM」の雄大な低音もなかなかしっかりと出る。SN比も優秀でオーディオ出力周りの回路もきちんとした出来であることがわかった。
 イヤフォン出力ならば、映画などのサラウンド音声を立体音響(ヘッドフォン用バーチャルサラウンド)で聴けるので、迫力ある音も含めてヘッドフォンやイヤフォンを使えば、より本格的な音で楽しめる。
■UHD BDで視聴
 今度はいよいよUHD BD再生だ。ここではUHD BD版の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を再生してみた。本作はHDR10のほか、ドルビービジョンにも対応したソフトだが、本機はドルビービジョンには非対応なので、HDR10方式での再生となる。ドルビービジョン非対応というとやや物足りないかもしれないが、UHD BDソフトでの標準はHDR10方式で、HDR10に対応していれば必ずUHD BDソフトはHDR再生ができるのであまり心配はいらない。
 再生はプリインストールされたDVD/BD再生アプリの「Corel WinDVD UHD BD」を使用した。UHD BD対応の光学ドライブは、ディスク読み込み時の動作音やシーク音は少々耳につくが、再生がはじまってしまえば回転が安定し、ノイズは小さくなる。
 ただ、PC内のファンノイズと同レベルなので、気になる人もいるかもしれない。ディスクドライブも冷却のためのファンノイズも音量自体は小さいのだが、多少動作音が少々高周波成分を多めに含んでいるので耳につきやすい。このあたりは、ノートPCとしては十分な静粛性だと思うし、これ以上の静粛性は難しそう。気になる場合はヘッドフォンなどを使うといいだろう。
 再生がスタートすると、画面が消え失せる。視聴時に部屋を真っ暗にしているせいもあるが、本編スタート直前の黒画面がまったく見えない。そこに、映画会社のロゴマークが浮かび上がる。こうした吸い込まれるような真っ黒の再現は有機EL TVでは見慣れているが、ノートPCの画面で黒がまったく光らないというのは、また違った驚きがある。
 映画の序盤で、ゴジラを追跡していたモナークの面々が海底基地でゴジラと遭遇するが、暗闇に近い海底で、奥からゴジラが姿を現す場面が迫力たっぷりだ。ゴジラのクローズアップも、黒一色のゴツゴツした体表が立体的に描かれ、その奥に光る眼光の鋭さがより迫力を増す。
 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は暗いシーンが多く、暗部の再現性がよくないディスプレイだと見にくいことも多いのだが、本機の黒の再現や暗部の階調性は見事なものだ。とてもノートPCの内蔵ディスプレイとは思えない。15.6型のサイズは決して大画面とは言えないが、映像の密度が高いのでぐいぐいと画面に寄って見たくなってしまう。
 ちょっと気になったのは、キーボードのLED照明だ。映画鑑賞など、全暗の環境で使うときにLED照明はありがたい。暗いシーンは本当に真っ暗になるので、キーボードの文字が見えないからだ。しかし、再生中も照明がつきっぱなしなのはちょっと困った。確認してみると、[Fn]+[Space]キーでLED照明のオン/オフができるのがわかった。これならば、必要なときだけキーボードのLED照明を使えるので、映画鑑賞などでは存分に活用してほしい。
 もう1つ気になったのは、プリインストールされた「Corel WinDVD UHD BD」で

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク