あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

“金”の嵐、東京五輪で巻き起こす!ラストイヤー突入で活動休止まで365日(サンケイスポーツ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

上沼恵美子がももクロにほれぼれ…「実は大ファンなの」 正月“えみちゃんねる”に初登場
[元記事]
 2020年が、幕を開けた。世界最大のスポーツイベント、東京五輪は7月24日から、1964年以来56年ぶりに東京を中心に開催される。国民的アイドルグループの嵐は大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」で、五輪・パラリンピックを彩るNHK2020ソング「カイト」を初披露。櫻井翔(37)は活動休止前のラストイヤーに「新しい景色を描く」と約束。5人は東京、日本だけでなく世界で嵐を巻き起こすべく、ラストスパートに入った。
 嵐のグループ活動休止まで、あと365日-。ついにカウントダウンが始まった。
 大みそかは東京・渋谷のNHKホールで行われた「第70回NHK紅白歌合戦」に11年連続で出場。企画枠でシンガー・ソングライター、米津玄師(28)が作詞作曲し、嵐の歌詞が印象的なNHK2020ソング「カイト」を初披露した。
 ♪嵐の中をかき分けてゆく小さなカイトよ
 ♪君の夢よ 叶えと願う
 国立競技場の芝の上から、アスリートのみならず、国民へのエールを壮大に歌い上げた。
 「われわれ5人とスタッフ、ファンの方々の皆さんで描く嵐という名のビッグプロジェクトをみんなで描いていきたい」
 櫻井は言葉に誓いを込めた。松本潤(36)は五輪について「楽しみ。いよいよですね」、相葉雅紀(37)も「日本中が盛り上がっていると感じる」と武者震い。五輪、パラリンピックへ向け、この曲が2020年を彩っていくことになる。
 五輪イヤーの20年は、5月に大会メイン会場の国立競技場で単独アーティスト初のコンサートを開催。春頃には“日本代表”として中国・北京公演を行う。
 事務所のメンバーも嵐の“ラストイヤー”をバックアップ。関ジャニ∞の村上信五(37)が紅白のリハーサル会見で「ジャニーズじゃなかったら誰が嵐を送り出すねん!」と20年の紅白司会に立候補するなど、ジャニーズがONE TEAMとなって盛り上げる。
 関係者はサンケイスポーツの取材に「後輩たちは応援するだけでなく、1年後の彼らの抜けた穴を埋めるべく実力以上の力を発揮しようと頑張る。そんなムーブメントも起きるのでは」と期待した。
 嵐はNHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーターを担当。04年アテネ五輪で日本勢を後押ししたゆずの「栄光の架橋」のように、新曲「カイト」が国民的ソングとして“ヘビーローテーション”されそうだ。
 5人は紅白で大トリを務め、白組の勝利に貢献した。東京五輪では日本を金メダルラッシュへと導き、世界を巻き込んでTOKYOから嵐を巻き起こす。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク