あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

注目マッチアップ多数!流主将率いるサントリーVS.姫野主将率いるトヨタ自動車。トップリーグ第5節プレビュー(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

注目マッチアップ多数!流主将率いるサントリーVS.姫野主将率いるトヨタ自動車。トップリーグ第5節プレビュー
[元記事]
ラグビー国内最高峰「トップリーグ」のスター達が、同じポジションで相対する。
1週間のBYE(休息週)を挟んだトップリーグ2020は、第5節を迎えた。
バレンタインデー翌日の2月15日(土)、大阪・ヤンマースタジアム長居では、ともに2勝2敗のサントリーサンゴリアスと、トヨタ自動車ヴェルブリッツが激突する。
第4節終了時点での順位表を見てみると、1位から順に開幕4連勝のパナソニック、神戸製鋼、東芝。
続いて3勝1敗でヤマハ発動機、クボタが追走。
昨季準優勝のサントリーは7位、同4位のトヨタ自動車は8位につけており、どちらも2勝2敗の五分から白星先行にしたい状況だ。
両チームの出場メンバー23人が発表されている。ラグビーはチーム力を競い合う集団スポーツだが、同ポジションによるマッチアップに注目しても面白いだろう。
両軍のキャプテンは、2019年W杯日本代表のチームメイトで、帝京大では先輩後輩だったサントリーのスクラムハーフ(SH)流大(共同)キャプテンと、2学年下でトヨタ自動車のフランカー(FL)姫野和樹キャプテンだ。
2勝2敗同士のビッグマッチで2人はピッチ上でどんな表情を見せてくれるのだろうか。

またサントリーの先発プロップ(PR)では、帝京大時代に副将としてSH流を支えた森川由起乙が1番を背負う。スクラムで対峙するのは、帝京大の5学年下であるPR淺岡俊亮だ。先輩後輩によるスクラムバトルは見応えアリだろう。
同じくスクラムでは、トヨタ自動車のFL姫野キャプテンが、2019年W杯日本代表でこちらも帝京大の先輩であるFLツイヘンドリックと相対する。
日本代表ファンには堪らないマッチアップは、サントリーのSH流、トヨタ自動車のSH茂野海人かもしれない。ともに日本代表として2019年W杯を戦った間柄だ。
戦術眼やキック、コミュニケーション能力に優れたリーダータイプのSH流に対し、SH茂野は積極的な仕掛けも脅威になるアタッキングハーフ。プレースタイルの違いに注目しても面白いだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク