あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

サンウルブズ、秩父宮でニュージーランドカンファレンス首位のチーフスを迎え撃つ。スーパーラグビー(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

サンウルブズ、秩父宮でニュージーランドカンファレンス首位のチーフスを迎え撃つ。スーパーラグビー
[元記事]
レベルズ(オーストラリア)と対戦し、36-27と初めて開幕戦に勝利したヒトコミュニケーションズ・サンウルブズ。
2月15日(土)の第3節、ホームの秩父宮ラグビー場で、ニュージーランドの強豪チーフスと対戦し連勝を狙う。昨シーズン、サンウルブズはアウェイながら30-15で勝利した相性のいい相手だ。
素晴らしいアタッキングラグビーで開幕戦を白星で飾ったサンウルブズは、先週の第2節はBYE(休みの週)で、今週末の第3節が今シーズン2試合目となる。

大久保直弥HC(ヘッドコーチ)は、FL(フランカー)をブレンドン・オコナーからミッチ・ジェイコブソンに、SH(スクラムハーフ)は開幕戦で負傷したルディー・ペイジから早稲田大学4年の齋藤直人と、開幕戦から先発を2選手入れ替えた。
NO8(ナンバーエイト)ジェイク・シャッツ、CTB(センター)森谷圭介の2人の共同キャプテンは揃って先発する。

FW(フォワード)はジョージア代表として2019年のワールドカップに出場したHO(フッカー)ジャバ・ブレグバゼ、開幕節でスーパーラグビー全体の「ベスト15」に選出されたLO(ロック)マイケル・ストーバーグ(近鉄)、元日本代表LO谷田部洸太郎、元日本代表のFL(フランカー)布巻峻介。
ベンチにはFLツポウ テビタ(パナソニック)が入り、初のスーパーラグビー出場をうかがう。

BK(バックス)は、SH齋藤以外にも、開幕節で活躍したSO(スタンドオフ)ガース・エイプリル、元イングランド代表CTBベン・テオ、突破力の高い天理大学3年のWTB(ウィング)シオサイア・フィフィタらはレベルズ戦に引き続き先発。
リザーブには早稲田大学のCTB中野将伍や元南アフリカ代表のJJ・エンゲルブレヒトが前節に続いてメンバー入りし、SH木村貴大がスーパーラグビーデビューのチャンスを待つ。

大久保HCは、「先週末からトレーニングを開始し、チーフスへの対策も早めに取り掛かることができました。自信をもって望めると思っています。FWとBKの連携については一番大きな改善点として取り組んできました」。
「開幕戦で勝つことができ、皆、自信を持つことができました。しかし、スーパーラグビーは甘い世界ではありません。毎週しっかりと自分達の勝つプロセスを作り上げていくことが、最も重要なことだと思っています」。
「今週も30点以上獲りに行けば、自分達のペースでプレーできているという事ですし、勝つチャンスも広がるはず」と、開幕戦勝利での手応えをのぞかせつつ、気を引き締めた。
いずれにせよ、相手がどこであろうと、サンウルブズは持ち味のアタッキングラグビーで勝負する。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク