あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

「悲しいけど崎陽軒も船も悪くない」 崎陽軒シウマイ弁当をクルーズ船に大量差し入れも乗客に届かず、ネット上で悲しみの声【追記あり】(ねとらぼ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「悲しいけど崎陽軒も船も悪くない」 崎陽軒シウマイ弁当をクルーズ船に大量差し入れも乗客に届かず、ネット上で悲しみの声【追記あり】
[元記事]
 2月12日、神奈川県横浜市の大黒ふ頭に接岸中で、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により乗客が下船できずにいるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に、同市の飲食店「崎陽軒」が、名物である「シウマイ弁当」を4000食分寄付しました。しかし、2月13日に「シウマイ弁当」が乗客に届けられていないという報道がされました。【画像:崎陽軒のシウマイ弁当】 これに対しネット上では「悲しすぎて涙が出る」「これはショック」など悲しみの声であふれています。
 ねとらぼ調査隊では、崎陽軒、シウマイ弁当を運んだ代理店、ダイヤモンド・プリンセスの日本での運営会社に取材を試みたところ、消えたシウマイ弁当がダイヤモンド・プリンセスの船内にあることがわかりました。

 SNS分析ツールによる「崎陽軒 AND シウマイ弁当」のツイートを解析したところ、69.5%がネガティブな反応であるとわかりました。中には崎陽軒がシウマイ弁当を寄付したことをたたえる声も多く、ポジティブな意見の比率も高くなっています。
 トレンド件数を見てみると、2月13日12時ごろにピークを迎えており、多くのツイートが投稿されました。

 2月12日のお昼に届けられるように調整し、シウマイ弁当を作った崎陽軒ですが、それはダイヤモンド・プリンセスの乗客乗員には届かなかったようです。
 これに対してネット上では「悲しすぎて涙でる」や「お弁当全部破棄と聞いて泣いちゃった」といった悲しみの声や、「崎陽軒も船もわるくない」と、不測の事態で起こってしまったハプニングであるとする声も見られ、多くの賛同を得ています。
 編集部で崎陽軒へ問い合わせたところ、「支援したいという思いで寄付をした」ということでした。船内に届いているのかどうか把握していますか、との問には「寄付をする経路については、横浜市港湾局を通して代理店が担当している」との回答がありました。
 当該代理店に取材をしたところ、「3800食以上の弁当を船内に届けた」といいます。当該代理店は、船内に届けたものの、その後弁当がどのように扱われたのかは把握していませんでした。
 また、ダイヤモンド・プリンセスの、日本での運営を担当している会社への取材でも「崎陽軒からの弁当の寄付については把握しているものの、お答えできる情報がない」との回答でした。
 乗客に届けられていないとしたら、弁当は船内にあるものと思われます。憶測ではありますが、乗客や船員が船から降りることができない現状で、乗客に配ることができない事情があったのかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク