あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

熊谷の決戦、パナソニックと東芝の全勝対決。トップリーグ第5節(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

熊谷の決戦、パナソニックと東芝の全勝対決。トップリーグ第5節
[元記事]
1月12日に始まったジャパンラグビートップリーグは4節を終えて、先週の休みを挟み、2月15日(土)16日(日)の今週末は第5節を迎える。
2月15日(土)は、埼玉県・熊谷ラグビー場で現在、首位を走っているパナソニックワイルドナイツと、3位の東芝ブレイブルーパスの開幕全勝同士の2チームが激突する。

パナソニックは、前節のキヤノンイーグルス戦で、キャプテンのHO(フッカー)坂手淳史が試合開始早々に危険なプレーで一発退場となってしまい、ほぼ80分を14人での戦いを余儀なくされた。
それでもチーム一丸となって戦い、7トライを挙げ51-17で快勝。すべての試合でボーナスポイントを獲得し、開幕4連勝で勝ち点20と首位を走る。
PR(プロップ)稲垣啓太が「(2013年度から)3連覇したときとチームの雰囲気が似ている」と話すように、チームは自信と手応えを感じている。

だが、HO坂手は3試合の出場停止となったため、今回の試合では日本代表のベテランHO堀江翔太が先発し、ゲームキャプテンも務める。
リザーブには天理大学出身のルーキー・島根一磨が初めてメンバー入りし、トップリーグデビューのチャンスをうかがう。
ほかには3番PR(プロップ)がクリス・キングから平野翔平に代わった以外は、ニュージーランド代表LO(ロック)サム・ホワイトロックら、キヤノン戦とFW(フォワード)の先発メンバーは変わらない。

BK(バックス)陣もWTB(ウイング)竹山晃暉が11番に、梶伊織が14番と入れ替わった以外は前節と同じメンバーで、日本代表のSO(スタンドオフ)松田力也が3試合連続で先発。
ここまで全試合先発の南アフリカ代表CTB(センター)ダミアン・ディアリエンディ、前節でMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いた22歳のCTBディラン・ライリーらが出場する。
また、ベンチにもオーストラリア代表FL(フランカー)デービッド・ポーコック、日本代表経験のある熊谷出身のSO山沢拓也ら強力なメンバーが控える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク