あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

レビュー:ISU四大陸選手権2020アイスダンス(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

レビュー:ISU四大陸選手権2020アイスダンス
[元記事]
ここ数年の四大陸選手権のアイスダンスを振り返ってみると、実力が近いトップ・カップルが多く、最後までならないとメダルの行方がわからないというのが大会の一番大きな見どころだと言えよう。今年もこのとおりで、表彰台をめぐる争いが非常に激しかった。それだけでなく、シーズンベストの好演技が続出し、出場した16組の中でなんと11組もリズムダンス(RD)と総合得点の順位が入れ替わったなど、見る側をワクワクさせたいい大会だった。

1位 マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)
RDから逆転を成功させ、金メダルに輝いたのはチョック/ベイツ組。RDの曲はジャズの名曲「Too Darn Hot」、題名通り情熱が溢れるナンバーで、二人はリアル・カップルならではのケミストリーを最大限に利用し、ダンスホールで踊りながら恋に落ちるカップルの場面を、色気を加えながら存分に演出した。「会場がとても寒いから、熱々な演技で会場をワクワクさせたいわ」とチョックが演技後にコメントしたように、観客たちはもちろん、ジャッジたちもこの演技に魅了させ、高い評価を付けた。85.76の得点は「チョクベイ」のパーソナルベストで、RD1位のハッベル/ダナヒュー組にわずか0.19の差だった。
フリーダンス(FD)の「Egyptian Snake Dance」は、まさに彼らが今シーズンの大活躍を果たせた鍵だ。ときに神秘的でときにアップテンポな曲に合わせ、二人は「一人の旅人が蛇に出会って、お互いを誘惑する」という物語を、巧妙な振り付け(特にチョックは蛇をモチーフとした動きが多くある)と色気たっぷりの表情を見せながら演じてくれた。「観客たちに私たちと一緒にエジプトまで旅立ってもらいたい」とRDの演技後に宣言したとおり、会場がミステリアスな雰囲気に包まれ、演技の後は大歓声が湧き上がった。
演技途中、チョックが一瞬気が散らって転倒したアクシデントもあったが、さいわいつなぎの部分にあって、エレメンツの得点に影響がなかった。何よりも、サーキュラー・ステップシークエンスがレベル3になった以外、他のエレメンツは全部レベル4の評価と高い出来栄え点を獲得したことで、技術点を大きく伸ばし、他の組と差が開いた。その結果、FDと総合得点が1位となり、2連覇を果たした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク