あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

里見香奈女流名人、つるし雛にホッコリ…谷口由紀女流三段と第2局(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

里見香奈女流名人、つるし雛にホッコリ…谷口由紀女流三段と第2局
[元記事]
 将棋の第46期岡田美術館杯女流名人戦(主催=報知新聞社・日本将棋連盟、出雲市、特別協賛=(株)ユニバーサルエンターテインメント)5番勝負の第2局が26日、島根県出雲市の出雲文化伝承館で行われる。女流棋戦歴代単独最多の11連覇に向けて先勝した里見香奈女流名人(27)と初タイトルを目指す挑戦者・谷口由紀女流三段(26)は25日に現地入りし、検分や前夜祭に参加した。
 市内の「ねがい雛(びな)ミュージアム」では約9・6メートル、直径約3メートルの巨大つるし雛がお出迎え。ギネス世界記録に認定されたウサギなど2万1911体の人形を見上げた地元出身の里見は「出雲と言えば因幡の白ウサギなので和みました」とホッコリ。「出雲の日(1月26日)」の決戦を前に「たくさんの方の応援を励みにして頑張りたいです」と一気の王手を狙う。
 谷口は、つるし雛の中に2体だけ隠された「しまねっこ」(県観光キャラクター)を一瞬で発見する視野の広さを披露。「縁起がいいですね。明日は自信を持って力を出し切りたいです」と巻き返しを誓っていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク