スポンサードリンク

「1」じゃなくて「0001」と表示したい! “ゼロ埋め”で数の桁数をそろえるためのテクニック(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「1」じゃなくて「0001」と表示したい! “ゼロ埋め”で数の桁数をそろえるためのテクニック
[元記事]
 今回は基本の“ゼロ埋め(ゼロパディング)”のテクニックを2つ紹介します。「1」と入力したときに「0001」のように、数値の前に「0」を加えて桁数を固定する話です。名簿などの会員番号などでよく見かけますよね。通常、「0001」と入力しても、先頭の「000」は無視されて「1」と入力されてしまいます。簡単な解決策の2つを覚えておきましょう。【この記事に関する別の画像を見る】■入力済みのデータの桁数をそろえる
 まず入力済みの数値の桁数をそろえる方法。ここでは4桁にそろえます。運用中に4桁→6桁にしたいといった時にも応用可能です。[カスタム数値形式]の画面で固定したい桁数分だけ「0」を指定すればOKです。
■テキストとして入力する
 書式なしの「テキスト」として入力する方法です。主に新規入力の際に使うことが多いでしょう。先ほどと同じく表示形式を使います。あとで桁数を変更したくなっても変更できないなど、自由度は低いですが、Excelの[文字列]とは異なり計算に利用可能です。
 テキストとして入力するもう1つの方法として、「’」に続けて数値を入力する手もあります。Excelでも使いますよね。「’」を入力するのにひと手間かかるので、表示形式を指定してから連続入力した方が楽だと思います。なお、テキストとして入力した場合は、自動的に“左寄せ”で入力されます。セル内の配置を別途指定してください。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク