スポンサードリンク

日本オラクル、「Oracle Cloud」の大阪リージョンを開設(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

日本オラクル、「Oracle Cloud」の大阪リージョンを開設
[元記事]
 日本オラクル株式会社は3日、パブリッククラウド「Oracle Cloud」の次世代サービス「Oracle Generation 2 Cloud(以下、Gen 2 Cloud)」について、国内2拠点目となる大阪リージョンを新たに開設し、運用を開始したと発表した。【この記事に関する別の画像を見る】 大阪リージョンは、2019年5月に開設した東京リージョンに次ぐ国内2拠点目のリージョンとなり、「Oracle Autonomous Database」から「Oracle Cloud Applications」まで、すべての「Oracle Cloud」のサービスを提供する。これにより顧客は、DR(災害復旧)対策や、国内にある複数のリージョンでアプリケーションを展開でき、海外に機密データをホストする必要がなくなるため、コンプライアンス準拠に対応できるとしている。
 大阪リージョンの開設に合わせて、株式会社エディオン、ソフトマックス株式会社、ファイテン株式会社が、各社のシステムのクラウド化にOracle Cloudを採用することを表明している。
 Gen 2 Cloudについては、リージョンを2020年内に36に拡大する計画を発表しており、大阪とともにメルボルン(オーストラリア)、ジェッダ(サウジアラビア)、モントリオール(カナダ)、アムステルダム(オランダ)のリージョン開設も発表。今後年内までに、カリフォルニア(アメリカ)、ベロオリゾンテ(ブラジル)、ニューポート(UK)、ハイデラバード(インド)、チュンチョン(韓国)、シンガポール、イスラエル、南アフリカ、サンチアゴ(チリ)、サウジアラビアに加え、UAEに2リージョンの開設および運用開始を計画している。
 日本オラクル執行役CEO(最高経営責任者)のケネス・ヨハンセン氏は、大阪リージョンではIaaS/PaaS/SaaSを含む、Oracle Cloudのすべてのサービスを提供すると説明。これにより、「顧客は2つの国内リージョンをベースにシステムを構築でき、データも日本国内にとどめることが保証できるようになる。これはとても大きいと考えている」とコメントした。
 日本オラクル執行役員クラウド事業戦略統括の竹爪慎治氏は、企業のデジタルトランスフォーメンション(DX)の実現には、新規に構築するDXシステムとともに、レガシーアーキテクチャのモダナイズが必要だと説明。そのため、多くの企業には、まずは既存のシステムをクラウド化し、さらにDXシステムとの連携を図るといった取り組みを提案しているとした。
 他のクラウドサービスと比較した場合のGen 2 Cloudの差別化要因としては、最新テクノロジーの活用によるパフォーマンスと価格面での優位性、セキュリティを第一に設計したクラウドであること、複雑化・多様化する企業内のさまざまなデータをシングルデータベースで実現できる点を挙げた。
 また、東京リージョンの顧客は首都圏近郊の製造・流通などが中心となっていたが、大阪リージョンの開設により、ミッションクリティカルなDR構成を必要とする業界や、西日本地域の公共・公益セクションにも利用してほしいとした。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク