スポンサードリンク

キー全体がタッチパッドとして使えるワイヤレスキーボード「makibo」が入荷(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

キー全体がタッチパッドとして使えるワイヤレスキーボード「makibo」が入荷
[元記事]
 キー全体がタッチパッドになる株式会社ユニークのワイヤレスキーボード「mokibo」が発売された。昨年にクラウドファンディングで資金調達・先行販売していた製品。【この記事に関する別の画像を見る】 カラーはブラック(MKB316_B)とレッド(MKB316_RD)の2種類。価格は税抜き16,800円(税込18,480円)。
■キー全体がタッチパッドのワイヤレスキーボード、最大3台のデバイスに接続可能
 mokiboはパンタグラフ式キーを採用したBluetooth 4.0対応のワイヤレスキーボード。タブレット端末との組み合わせでも使えるモバイルタイプのキーボードで、表面がタッチパッドとして機能するのが特徴だ。
 キートップとパンタグラフ構造との間にタッチセンサーなどが内蔵されており、これによりキーボード面の全体が大判のタッチパッドとして機能。指をスライドさせてカーソル移動、軽くタッチしてクリック、といった操作を実現している。
 タッチパッド機能のON/OFFの切り替え方法は2種類。表面の手前の左クリックボタンに指を触れている間はタッチパッドとして使用でき、またFnキーとCapsLockキーの同時押しでタッチパッド機能をONに固定できる。
 ほか、3台までの端末を接続し、切り替えて使えるマルチデバイス機能や、キーレイアウト変更機能(Windows、Android、iOS/iPadOS、MacOS)を備えている。
 キー配列は日本語(79キー)。サイズは幅260×奥行き130×高さ7.5mm。重量は約245g。バッテリー容量は590mAhで、約26時間の連続使用、最長6か月のスタンバイが可能としている。付属品は充電用USBケーブルなど。
[取材協力:ツクモパソコン本店]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク