スポンサードリンク

竹中直人監督「すっげーキャスト集まった」、ピエール瀧が仕事復帰(サンケイスポーツ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

竹中直人監督「すっげーキャスト集まった」、ピエール瀧が仕事復帰
[元記事]
 俳優、竹中直人(63)、山田孝之(36)、斎藤工(監督名・齊藤工、38)が3日、愛知・蒲郡クラシックホテルで共同監督を務める映画「ゾッキ」(来年公開)の製作発表を行った。この日、コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反罪で執行猶予付きの有罪判決を受けたミュージシャンで俳優、ピエール瀧(52)が同作で復帰することが判明。出演者は今秋に発表されるが、竹中監督は「キャストは直感で選んだ。最強の面々が集まった」と胸を張った。
 4日のクランクインを前に、ロケ地の蒲郡市で開かれた製作発表に個性的すぎる“監督トリオ”が登場した。
 映画「ゾッキ」の原作は、人気漫画家、大橋裕之氏の幻の初期作品集「ゾッキA」「ゾッキB」。ヘタウマな画風で、ちょっとズレた人々の日常のおかしみや人間の優しさをシュールに描く摩訶不思議な内容だ。
 同漫画のファンで2年前から映画化を考えていた“発起人”の竹中監督は「本当にこの日が来ちゃった。3人で仲良く共同監督をやろうと思っています!」とお茶目な笑顔で宣言した。
 蒲郡の穏やかな海に臨むホテルで行われた会見は終始和やかだったが、“はじめの一歩”となるこの日、瀧が「ゾッキ」で仕事復帰することが判明。昨年3月の逮捕から11カ月ぶりの“始動”となり、複数の関係者によると、瀧は刑務所に入っていた漁師役で出演。撮影は今月下旬に蒲郡で行われるという。
 製作発表では“電撃復帰”の話題は出なかったが、3人の監督はサンケイスポーツの取材に今秋発表される豪華キャストについて言及。主演などベールに包まれたままだが、選出理由について竹中監督が「自分は直感。2人がどういう方々を選んでくるかと思って…。結果が出たとき、うわぁ、すっげーキャストが集まったと思った」と言えば、齊藤監督は「ここにこのキャラクターがいたっていう偶然のような必然の出会いが起きた」。山田監督も「1年半前から現場で会った方や面識のある方には直接、声をかけた」と話した。
 瀧はNetflixドラマ「全裸監督」の第2弾に前作に続いて出演すると報道されており、その撮影は3月初旬に行われるようだ。
 山田監督は「全裸監督」の主役を務めており、2013年の主演映画「凶悪」でも瀧と共演。竹中監督と齊藤監督も瀧と共演歴があり、“怪演”の才能を知る3人だけに、今回の復帰に一役かったとみられる。
 会見前日の2日に蒲郡に入った齊藤監督は、地元の八剱神社で行われた成功祈願に参列。「作品が無事に着地するように祈ってきました」と力を込め、撮影初日から“三本の矢”となって傑作をつむぎだす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク