スポンサードリンク

Xperia 10シリーズが日本初上陸! 「Xperia 10 II」(マーク・ツー)は3眼カメラ(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Xperia 10シリーズが日本初上陸! 「Xperia 10 II」(マーク・ツー)は3眼カメラ
[元記事]
ソニーモバイルからXperiaシリーズの最新モデル「Xperia 1 II」(エクスペリア ワン マーク・ツー)と「Xperia 10 II」(エクスペリア テン マーク・ツー)が発表された。ついに日本上陸となる「Xperia 10」シリーズの最新モデル・Xperia 10 IIを紹介する。【もっと写真を見る】

ミドルレンジの「Xperia 10 II」と
完全プロ向け仕様の「Xperia PRO」
 ソニーモバイルからXperiaシリーズの最新モデル「Xperia 1 II」(エクスペリア ワン マーク・ツー)と「Xperia 10 II」(エクスペリア テン マーク・ツー)が発表された。本稿ではXperia 10 IIの詳細と、発売日は未定ながら開発モデルとして発表された「Xperia PRO」を紹介する。
 
 なお、本記事で掲載している写真や性能などはすべてグローバルのもので、国内で発売するモデルと異なる場合もあるのでご了承いただきたい。
 
グローバルのみだったXperia 10が
ついに日本投入!
 グローバルのみで日本では発売されていなかったミッドレンジの「Xperia 10」シリーズ。今回新しく発表された「Xperia 10 II」は日本での発売も予定されており、手頃な価格でXperiaを使いたいユーザーに人気となりそうだ。
 
 「Xperia 10 II」は6型(FHD+)のディスプレーサイズで、アスペクト比は21:9。ミッドレンジながら有機ELパネルを採用している。本体サイズは約69×157×8.2mmで重量は約151g。軽量コンパクトで使いやすい大きさだ。
 
 SoCはSnapdragon 665で、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GBもしくは128GBとなっている。このモデルは5Gに非対応で、4G(LTE)まで。カメラはトリプルレンズ仕様で、超広角(16mm/約800万画素)、標準(26mm/約1200万画素)、望遠(52mm/約800万画素)の組み合わせ。
 
 対応バンドは1/3/4/5/7/8/12/20/28/38/39/40/41M。
 
 発売時期は今春で、こちらも価格は未定となっている。
 
 
Xperia 10 II
メーカー
ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー
6型有機EL(21:9)
画面解像度
FHD+
サイズ
約69×157×8.2mm
重量
約151g
CPU
Snapdragon 665
メモリー
4GB
内蔵ストレージ
64GB or 128GB
カメラ画素数
リア:800万画素/16mm/(超広角)
+1200万画素/26mm(標準)
+800万画素/52mm(望遠)
/イン:800万画素
バッテリー容量
3600mAh
生体認証
指紋
イヤホンジャック

防水・防塵
IP65/68
対応バンド
1/3/4/5/7/8/12/20/28
/38/39/40/41M
カラバリ
ブラック、ホワイト、ミント、ブルー
ミリ波対応のプロシューマー向けXperiaも
「Xperia PRO」
 さらにソニーモバイルは5G対応周波数帯がSub6だけでなく、ミリ波にも対応した「Xperia PRO」を開発中とのこと。5Gミリ波の受信感度を高めるため、4方向にアンテナを配置し、360度全方位で電波をしっかりとキャッチする設計を採用している。
 
 またHDMIの入力端子を装備し、映像機器のモニターとしても利用可能に。映画撮影や生放送の配信とったプロ向けの機材を想定して開発が進められている。そのほかのスペックは「Xperia 1 II」と同等。発売時期や価格は未定。
 
文● 中山 智 編集● ASCII

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク