スポンサードリンク

第1回:Window 10とOffice 365が月払いで使える「Microsoft 365」って何だ? 月額2180円から(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

第1回:Window 10とOffice 365が月払いで使える「Microsoft 365」って何だ? 月額2180円から
[元記事]
 企業向けクラウドサービスの1つとして、Microsoftが「Office 365」とは別に提供しているのが「Microsoft 365」である。本連載では、このサービスの具体的な内容や、月額2180円(税別)からのプランについて、まず解説していきたい。【この記事に関する別の画像を見る】■Windows 10のライセンスが付属するMicrosoft 365
 企業のクライアントPCにおいて、長年スタンダードOSとして使われてきたWindows 7のサポートが2020年1月14日についに終了した。今後は有償サポートを利用しない限り、セキュリティ更新プログラムを受け取ることができない。そのため、早急に新たなOSへのアップグレードを検討する必要がある。
 こうしたアップグレード、あるいは新たにWindowsのライセンスを購入するといった場合に検討したいのが「Microsoft 365」だ。
 Microsoft 365はOffice 365で提供されている各機能に加え、Windows 10 Business/Enterpriseのライセンスと、高度なセキュリティ機能が提供されるサブスクリプションサービスである。
 大きなポイントはWindows 10のライセンスが付属する点だ。これにより月額または年額でWindows 10を利用することが可能になり、初期投資を抑えつつ最新のOSが導入できる。また、Officeアプリケーションに加え、Windowsのライセンス管理が容易になることもメリットだろう。
 「Enterprise Mobility+Security」と呼ばれる、高度なセキュリティ機能も標準で組み込まれている。具体的には、ユーザー情報を管理し、シングルサインオン基盤も提供する「Azure Active Directory P1」、モバイルデバイス管理を実現できる「Microsoft Intune」、Officeファイルの閲覧・編集権限や機能制限などを行える「Azure Information Protection」などの機能を使える。
 メール環境である「Exchange Onine」や情報共有の基盤として使える「SharePoint Online」、そしてコミュニケーションツールである「Microsoft Teams」など、Office 365の機能もMicrosoft 365には含まれている。Microsoft 365は企業向けの「全部入り」サービスと言えるだろう。
■Microsoft 365の4つのプランの違い、最安で月額2180円から
 Office 365と同様、Microsoft 365にも複数のプランがあり、企業規模や必要とする機能に応じて選択できる。
 最上位プランはE5で、Windows 10 Enterprise、デスクトップPCにインストール可能なOfficeアプリケーション、各種セキュリティ機能に加え、公衆電話網を利用した電話会議/電話システムの機能、高度な分析を行うための「Power BI Pro」、高度なセキュリティ機能のそれぞれが含まれる。
 その下に位置するE3は、電話会議/電話システムやPower BI Pro、いくつかのセキュリティ機能をE5から省いたものとなる。
 毛色が異なっているのはMicrosoft 365 Businessだ。最大ユーザー数が300名までという制限がある(E3/E5は最大ユーザー数の制限はなし)ため、中堅中小企業向けのプランだと言えるだろう。
 またMicrosoft 365 Businessでは、Windows 10 Enterpriseではなく、Windows 10Businessと呼ばれるエディションになっている。これは、Windows 8.1 ProおよびWindows 7 ProfessionalからWindows 10 Proへのアップグレードライセンス(Windows 10 Business)となる。このため、Windows 10 Proを利用するには、アップグレード元となるOSのライセンスが別途必要となる。
 従業員数が300名以下であれば、安価なMicrosoft 365 Businessは魅力的だろう。ただ、Windows 10のライセンスがアップグレードライセンスであることが悩ましい点になる。コスト負担はやや大きくなるが、Windows 10 Enterpriseを利用できる、Microsoft 365 E3も視野に入れて検討すべきだろう。
 次回以降は、Microsoft 365で提供される個々の機能を詳しく見ていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク