スポンサードリンク

金箔入りの和紙文字盤にゴールドチタニウムケースの「The CITIZEN」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

金箔入りの和紙文字盤にゴールドチタニウムケースの「The CITIZEN」
[元記事]
シチズン時計は、高品質ウオッチ「The CITIZEN」から、ブランド誕生25周年を記念して、日本の伝統工芸である土佐和紙に砂子蒔きと言われる技法で金沢金箔を施した文字板とスーパーチタニウムのケースを組み合わせた数量限定モデル「AQ4042-01P」を3月19日に発売する。限定数量500本。価格は35万円。【この記事に関する別の画像を見る】AQ4042-01Pは、金沢金箔を施した土佐和紙文字板と、ゴールドを利用したシチズン独自の硬化技術「デュラテクトゴールド」を施したスーパーチタニウム製のケースを合わせた限定モデル。
文字板の土佐和紙は、千年の歴史を持ち、世界で最も薄い和紙と言われる「土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)」を採用。日本の伝統的な「砂子蒔き(すなごまき)」技法で金箔を和紙の上に雪のように舞い散らせている。職人がひとつひとつ手作業で仕上げるため、同じ模様は存在しない、世界にひとつの文字板を持つ時計としている。
光発電エコ・ドライブで、年差±5秒の精度を誇るムーブメントを搭載。強い衝撃などによる針ズレから守るシチズン独自の衝撃検知機能や、針ズレが生じた場合でも自動修正する針自動補正機能、0時ジャストカレンダー更新機能を備え、光さえあれば正確な時を刻み続けるという。
高精度の証として、文字板の6時位置とりゅうずに「イーグルマーク」、裏ぶた中央に「イーグルマーク」のメダリオンを配置。裏ぶたには「25th Anniversary」の文字とシリアルナンバーを刻印している。限定BOXも付属。シチズン オーナーズクラブに登録すると、10年のメーカー保証が付く。
外形寸法は38.3×12.2mm(外径×厚さ)。バンドはワニ革。連続駆動時間はフル充電時約1.5年(パワーセーブ作動時)。10気圧防水対応。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク