スポンサードリンク

秋山翔吾、デビュー戦。初安打、盗塁失敗、そして無難な守備(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

秋山翔吾、デビュー戦。初安打、盗塁失敗、そして無難な守備
[元記事]
レッズの秋山翔吾は、現地23日のホワイトソックス戦に先発出場し、オープン戦初打席で初安打を放つなど、3打席1安打と上々の実戦デビューを飾った。
『MLB.com』は同日付で「アキヤマがレッズでの初戦で安打」と題した記事を掲載し、次のように伝えている。
「外野手ショウゴ・アキヤマは、日本のトップレベルのプロ野球で9年の経験を持つ31歳である。しかし、その経験を持ってしても、日曜に行われたメジャーリーグでの初めてのオープン戦を前にした彼は、緊張から逃れることができなかった」。

ホワイトソックスに7-2で敗れた試合で、秋山は中堅で先発出場し、3打数1安打とした。1回裏にアキヤマは右腕のディラン・シーズから右中間に弾き返す単打を放った。

その後、彼は2回の第2打席は二塁ゴロに倒れ、4回の第3打席では一塁のフィルダースチョイスで出塁した。

「とてもナーバスになっていましたが、間違いなく初安打で安心しました」と秋山は通訳のルーク・シノダを介して述べた。「たくさんのボールが見られたのも良かったです」。

アキヤマは4回に二盗を試みるも、これは失敗に終わった。「あれを目標としていたわけではありませんが、チャンスがあれば、行けるかどうか確かめてみたかっただけです」と秋山。「走れたので良かったです」。

1月に3年2100万ドルで契約した秋山は、レッズにとって初の日本人選手である。彼はこれまでキャリアの全てを西武ライオンズでプレーしてきた。

だが、秋山はクラブハウス内においても、フィールド上の練習ドリルにおいても、新しいチームにすんなり溶け込めている。選手たちは彼と英語でコミュニケーションをとることができているのである。

「彼は素晴らしかった。やり易そうに見えたね」と、レッズのデビッド・ベル監督は日曜の試合後に述べた。

「まだ、スプリング・トレーニングでしかないことは承知しているが、プレッシャーを振りほどく上でも、最初の打席で安打がでるのは良いこと。彼はあの後、すぐに落ち着くことができたと思う。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク