スポンサードリンク

筒香嘉智、デビュー戦。初安打、選球眼、そしてジョーク(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

筒香嘉智、デビュー戦。初安打、選球眼、そしてジョーク
[元記事]
この春、レイズで最も注目度の高い新戦力の筒香嘉智が、実戦デビューで安打を放つ上々のスタートを切った。
『MLB.com』でレイズを担当するフアン・トリビオ記者は、現地23日に行われたヤンキースとのオープン戦デビューで単打を記録した筒香について「見事な春のデビュー後にツツゴウがジョークを飛ばす」と題した記事を投稿し、次のように伝えている。

「ここ2週間にわたり、レイズのキャンプを見てきたほとんどの人が、米国における最初の試合に出場するヨシトモ・ツツゴウを見ることを楽しみにしてきた。

日本で10年に及ぶ素晴らしいシーズンを過ごしたツツゴウは、遂に日曜の試合で米国デビューを果たし、シャーロット・スポーツパークでタンパベイがヤンキースに9-7で勝利した試合で、1打数1安打とし、単打と四球を記録した」。

「ヒットを打って出塁できたのはヨシにとって良かったし、左翼ではやり易そうに見えた」とレイズのケビン・キャッシュ監督は述べた。

「仮に彼が2打数無安打だったとしても、我々の彼に対する感じ方は変わっていなかったから、1打数1安打で1四球という内容でそこまで何かが変わるわけではない。

でも、彼にとっては良いことであり、選手には常に成功してエンジョイしてもらいたいものだし、彼はそれができたと思う」。

第1打席で規律を見せた筒香は、2球見送ると、ヤンキースのデイビッド・ヘイルの投じた対応可能なボールを弾き返した。筒香の打った強い打球はヘイルのグラブに当たると、そのままセンターへと抜けた。

しかしながら、筒香の第2打席は見事さでこれを上回った。彼はニック・ネルソンの投じたタフな2球を見送ったのであるが、そのうち1球はカウント2-2から投じた、軌跡の大部分がストライクゾーンにあるカーブだった。その1球後、筒香は四球を選んだのである。

「2つの国のストライクゾーンは違うと思いますし、ここでは違う球速を見てきました」と筒香は通訳のルイス・チャオを介して述べた。「これは最初の試合なので、それを自分の目で確かめたいと思っていました」。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク