スポンサードリンク

ラトック、指紋情報の一元管理が可能な指紋認証システム「OmniPass Enterprise Edition V4」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「戦略や計画の立案から実装、オペレーションまで、顧客のDXをエンドトゥエンドで支援」、SAS Japanの2020年度戦略
[元記事]
 ラトックシステム株式会社(ラトック)は4日、指紋情報の一元管理が可能な指紋認証システムソフトウェア「OmniPass Enterprise Edition V4」を発表した。2月下旬より販売開始する。
 OmniPass Enterprise Edition V4は、社内ネットワークに接続したPCで、指紋認証によるログオンや暗号化データの共有を行うためのソフトウェア。Windowsログオンやパスワード付Webのログオン、暗号化ファイルの作成/復元などで、パスワード認証の代わりに指紋認証を利用することができる。
 ソフトウェアとしては、Windows Serverを搭載するサーバー機などに導入し、指紋認証に関する情報を一括管理する管理サーバー向けのプログラムと、クライアントPCに導入するプログラムを提供する。なお管理サーバーでは、ユーザー情報を保存して指紋の照合に利用するだけでなく、各ユーザーの権限を設定したり、イベントログによるアクセスの監視を行ったりすることも可能だ。
 対応OSは、サーバー用のプログラムがWindows Server 2019/2016/2012 R2/2012、クライアント用のプログラムがWindows 10/8.1と、Windows Server 2019/2016/2012 R2/2012。また認証用の機器としては、ラトックのUSB接続指紋センサー「SREX-FSU4G」「SERX-FSU4GT」「SREX-FSU3」「SREX-FSU2」に対応する。
 ライセンスは、管理サーバー向けが「サーバーパック」、クライアント向けが「クライアントライセンス」で、後者は5ライセンスから100ライセンスまでの5種類が用意されており、クライアントPCの台数に応じて柔軟に対応可能とした。
 価格は、サーバーパックが23万円(税別)、クライアントライセンスが5ライセンスで5万円(税別)から。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク