スポンサードリンク

ALSEYEの水冷クーラー「XTREME AIO Liquid Cooler」が3モデル入荷、X字フレームのファンを採用(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ALSEYEの水冷クーラー「XTREME AIO Liquid Cooler」が3モデル入荷、X字フレームのファンを採用
[元記事]
 X字フレームのファンを採用した中国ALSEYEのオールインワン水冷CPUクーラー「ALSEYE XTREME AIO Liquid Cooler」がオリオスペックに入荷した。同店ではラジエーターサイズが360mmの「X360」、240mmの「X240」、120mmの「X120」の3モデルが販売中。店頭価格は順に税込15,180円、税込12,980円、税込10,780円。【この記事に関する別の画像を見る】■X字フレームのファンを採用した水冷クーラー、ファンには26個のLEDを搭載
 これらは1~3基の120mmファンをラジエーターに装備した水冷CPUクーラー。ラジエーター、ポンプを内蔵した冷却ヘッド、チューブといった、必要なパーツがセットになったオールインワンタイプで、別途パーツを用意せずに導入することができる。
 ラジエーターのファンには同社製の「X12」が採用。独自のX字型フレームを採用したファンで、羽根を囲む四角いフレームが無いのが特徴だ。ファンには26個のLEDが搭載されているといい、また冷却ヘッドもトップからサイドへのラインやXTREMEロゴがカラー発光するという。
 製品にはLEDコントローラー「10 port LED hub」やワイヤレスリモコンも同梱。リモコンには、LEDの発光モードやスピード、明るさを設定するボタンや、ファン速度の増減ボタンなどが用意されている。
 対応CPUソケットはLGA775/115X/1366/2011/2066、Socket FM1/FM2/AM2/AM2+/AM3/AM3+/AM4。冷却ヘッドのサイズは62×62×90mm。ラジエーターのサイズは、360mmモデルが120×393×27mm、240mmモデルが120×275×27mm、120mmモデルが120×157×27mm。ファンの速度は1,600rpm、最大エアフローは56.3CFM、ノイズレベルは35.6dB。
【XTREME ALL-IN-ONE WATER COOLER cooling solution】
[取材協力:オリオスペック]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク