スポンサードリンク

MSのフィル・スペンサー氏、クラウドゲーミングでは「AmazonとGoogleが今後の競合」との見解示す(Game Spark)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

MSのフィル・スペンサー氏、クラウドゲーミングでは「AmazonとGoogleが今後の競合」との見解示す
[元記事]
(c) Getty Images
マイクロソフトでXbox事業を統括するフィル・スペンサー氏は、クラウドゲーミングにおいて、AmazonとGoogleが今後の主な競争相手となる見解を明らかにしました。大きな写真で詳しく見る海外メディアprotocolのインタビューにおいて、フィル・スペンサー氏は「任天堂やソニーに関して、我々は彼らに大きな敬意を払っていますが、今後の主な競争相手はAmazonとGoogleになると考えています。」「任天堂やソニーを軽視しているわけではありませんが、従来のゲーム会社はやや場違いな状況となります。彼らは(マイクロソフトのクラウドプラットフォームである)Azureを再現しようとしているように思いますが、しかしながら我々はこれまで長年に渡りクラウドに数百億ドル規模の投資をしてきています。」と発言。日本の任天堂とソニーは、世界にまたがるクラウドインフラを独自に所有していないことから、クラウドゲーミングにおいては競合しないとの見方を示しました。
マイクロソフトが現在準備中のXboxのゲームをストリーミングで提供する「Project xCloud」
また、AmazonとGoogleが世界中の人々にクラウドゲーミングサービスを展開しようとしている間に、ゲームメーカー同士で対立したくないとも述べ、今後任天堂とソニーと協力して、異なる機種上のプレイヤーが一緒にプレイできるクロスプラットフォームゲーミングに積極的に取り組んでいく考えを明らかにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク