スポンサードリンク

国交省が“時差通勤”呼びかけ、「満員電車が緩和されるのは良いこと」「経営者に直接言って」など反応分かれる(ねとらぼ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

国交省が“時差通勤”呼びかけ、「満員電車が緩和されるのは良いこと」「経営者に直接言って」など反応分かれる
[元記事]
 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、国土交通省は25日、通勤電車の混雑緩和へ向けた時差通勤やテレワークの活用を、鉄道の列車内や駅構内で呼びかけていくと発表しました。「労働者にいうなや!」注目ツイート

 SNS分析ツールで「時差通勤」に関するツイートを解析したところ、73.8%がネガティブな内容であることが分かりました。頻出関連語には「自己責任」「無駄」「休業補償」などの単語が見られ、全体的にネガティブなツイートが多いようです。

 25日10時ごろ、国交省が駅内などで時差通勤の呼びかけを始めたという報道があり、12時にはトレンド件数がピークを迎えましたが、その後21時ごろにも多くのツイートが見られました。

 厚生労働省によれば、新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染でうつるとされます。
 そのため、多くの人が狭く閉鎖的な空間に密集する通勤電車は感染リスクが高く、利用者からは「満員電車、怖い」「うつされない、うつさない自信なんてない」「本当にストレスで、免疫力も落ちそう」と、不安を抱えていた利用者も多いようです。
 SNS上では、「満員電車の根絶は真っ先にやるべき」など、満員電車での混雑緩和へ向けて時差通勤やテレワークを推奨する声が多く聞かれます。中には「時差通勤が増えてるのか、通勤ラッシュの割に京浜東北線は微妙に空いてる」といった、既に効果を実感する声もあります。
 実際、国土交通省のアナウンス前から時差通勤やテレワークを導入した企業も多くあります。1月27日、GMOインターネットが全従業員の9割にあたる国内4000人を在宅勤務に切り替えて話題に。その後、ヤフーや楽天、ソニーや富士通、NTTグループなど大手企業を中心に、時差通勤や在宅勤務がスタートしました。
 こうした各社の取り組みが功を奏してか、SNS上には、徐々に満員電車の緩和を実感する声が増えてきています。
 ただ、まだ満員電車で通勤している人も多く、今回のアナウンスはさらに緩和を進めて感染リスクを抑えるため、政府がより積極的なアプローチに踏み出した一手と言えそうです。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク