スポンサードリンク

超高速女流棋戦の裏側/将棋・女流AbemaTVトーナメント特別寄稿(AbemaTIMES)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

超高速女流棋戦の裏側/将棋・女流AbemaTVトーナメント特別寄稿
[元記事]
 「今度、持ち時間が7分で一手ごとに7秒加算されるっていう超早指しの女流棋戦を始めるんです。見学に来ませんか?」
 そんな連絡が来たのは、10月のこと。その頃ちょうど、24人のプロ棋士にインタビューして記事を書くという狂気の仕事を引き受けていた私は、正直に言えばかなり行くか迷った。
 朝から関西将棋会館の対局室の隣の部屋に詰めて、対局の様子をモニターで見守り、肝心のインタビューを行えるのは深夜。終電を逃してタクシーで帰宅し、そこから記事を書く……という日々を送っていたからだ。ぶっちゃけ将棋の仕事に飽きつつあった。
 しかし『女流棋戦』という言葉には、抗いがたい魅力を感じた。女性が大好きだからというわけではない。
 実は私、女流棋士の対局を見た経験がほとんどないのである。『りゅうおうのおしごと!』という将棋ラノベは小学生の女の子がアマチュアから女流棋士へと成長していく物語で、当然ながら作中では女流棋士の対局がバンバン登場する。
 「白鳥さん、取材すごいですねぇ」
 「どれくらい将棋会館に通ってるんですか?」
 そんな風に言ってもらえることも増えたし、将棋の街・天童へ行った際は現地の支部の将棋が強いおじさんに「あんた詳しいなぁ」と名刺を求められたりした。
 でも、ぼく、見たことないの……。
 マイナビ女子オープンの一斉予選は取材させてもらったが、あれはお金を払えば誰でも見られる公開対局で、しかも椅子対局だ。
 そもそも女流棋士の対局は数そのものが少なく、生で見られる機会なんてほとんどないし、つい最近まで映像でもめったに見られるものではなかった。
 非公式戦とはいえ、密室の、畳の部屋で盤を挟む女流棋士の対局をこの目で見られるチャンス!そんなわけで東京まで取材に出かけることにした。

 対局が収録される『シャトーアメーバ』はワイン工房みたいな名前で、灰色のコンクリート打ちっ放しな外観は確かに城のように見える。
 だが中に入ってみると、優雅なその印象はガラッと変わった。
 「すいませんね。バタバタしてて……」
 エントランスまで迎えに来てくれた番組プロデューサーがそう言う通り、ひっきりなしに人が出入りし、何だか大きな荷物を積んだ台車があっちへ行ったりこっちへ行ったり。
 建物の中は本当に、収録だけに特化したスタジオという感じだが、とにかく迷路みたいに入り組んでいて、控室のドアにはテレビでよく見るタレントさんの名前が貼ってあったりと、将棋会館との違いに圧倒されてしまった。
 到着とほぼ同時に対局の収録が始まっており、まずはモニター越しにその様子を見守ったのだが……とにかく指し手が早い。
 一局目は、本当にあっという間に終わった。一瞬のミスと躊躇いが命取りになる。そんな印象を持った。
 対局室のすぐ隣には、リラックスできるホールのような場所がある。
 そこは水もコーヒーもお菓子も用意されていて、私はそこに設置されたモニターで対局を見ていたのだが……対局者が引き上げてくると、部屋の空気は一瞬にして引き締まった。
 この女流棋戦は、3本勝負。1局では終わらない。そして1局終わるごとに小休憩が入り、インタビューなども行われる。
 インターバルをどう過ごすかも重要で、私が見ていたこの時は、対局者は離れた場所に一人で座って精神を統一していた。その様子を、カメラはずっと追っている。やはり気になるのだろうか。カメラに背を向けるようにして座っている女流棋士もいた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク