スポンサードリンク

NEC、スマホを使った「セルフスキャンショッピング」でレジ行列解消(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

NEC、スマホを使った「セルフスキャンショッピング」でレジ行列解消
[元記事]
NECは小売業向けに、スマホで商品バーコードをスキャンして買い物をするレジレスソリューション「セルフスキャンショッピング」を、4月より販売開始する。
セルフスキャンショッピングは、来店客向けの専用アプリと、基幹システムや顧客システムなどの既存システムと連携するAPIにより、レジでの商品スキャンを不要とするソリューション。
来店客は、専用アプリを用いて、商品をかごに入れる際にスマートフォンの内蔵カメラで商品バーコードをスキャンしながら買い物を行なう。決済は、現金とクレジットカードに対応。アプリから支払い用のバーコードを表示し、レジにかざして決済をする。
また、7月を目途に、スマートフォン内でのクレジットカードや電子マネーでの決済機能、セキュリティ対策機能、利便性向上に向けたAIやAR(拡張現実)を活用した各種機能を順次追加するという。
導入の効果として従業員の業務効率化とレジ待ち時間短縮を挙げ、労働力不足による従業員の業務負荷増大や、消費者の生活シーンによって変化する購買ニーズに対応するとしている。
販売価格は100万円/店舗ライセンス。企業ライセンスは個別見積もり。販売目標は今後3年間で3.5億円(ライセンス費用のみ)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク