スポンサードリンク

鈴木杏樹、喜多村緑郎との不倫認め、謝罪「独り身になるつもりでいるというお話があり…」(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

鈴木杏樹、喜多村緑郎との不倫認め、謝罪「独り身になるつもりでいるというお話があり…」
[元記事]
 6日発売の週刊文春に不倫関係を報じられた女優の鈴木杏樹(50)と、劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)が、それぞれの所属事務所を通じて報道内容を認め、謝罪した。【写真】鈴木杏樹の直筆署名入りファクス 鈴木は98年6月に外科医と結婚したが、13年に死別。喜多村は、13年に元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けい(45)と結婚している。鈴木は「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と釈明。「しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後ご迷惑をおかけすることのないよう慎みます」と心境をつづった。
 一方の喜多村は「わたくしの未熟さ故に多大なご迷惑をおかけ致しました。今回の出来事は全てわたくしの責任です。今後はもう一度、一から自分を深く見つめ直します」と猛省した。
 今後について、鈴木の所属事務所は「活動自粛や謹慎は考えていない」としたが、既に影響も出始めている。ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」(月~金曜・前7時37分、スズキ一社提供番組)は6日で終了が決定。、この日の放送はスズキからACジャパンのCMに差し替えされた。水曜パーソナリティーの同局「オールナイトニッポン MUSIC10」(月~金曜・後10時)も対応を迫られそうだ。
 喜多村は都内で新派特別公演「八つ墓村」(16日から新橋演舞場)の稽古を行った。所属事務所は「予定通り出演する」としたが、妻や仕事先、関係者の信頼を失った代償は大きい。
 ◆鈴木 杏樹(すずき・あんじゅ)1969年9月23日、兵庫県生まれ。50歳。17歳の時に英国留学。ロンドン滞在中の90年にレコードデビューし、91年に帰国後女優デビュー。一時は10本以上のCMに出演し「CM女王」の異名をとった。司会業でも活躍し、2016年春までフジ系「ミュージックフェア」でMCを20年半、19年春まで日本テレビ系「ZIP!」の金曜キャスターを8年間務めていた。98年に外科医と結婚するも13年に死別。
 ◆喜多村 緑郎(きたむら・ろくろう)本名・神田和幸。1969年1月6日、新潟県生まれ。51歳。88年国立劇場歌舞伎俳優研修を終え、同年初舞台。市川段四郎に入門し市川段治郎を名乗り、後に3代目市川猿之助(現猿翁)の部屋子に。2004年にはスーパー歌舞伎「新・三国志3」で猿之助の代役を務めたことも。11年に市川月乃助に改名。16年新派入団後、新派の大名跡である2代目喜多村緑郎を襲名。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク