スポンサードリンク

苦戦するワラターズとライオンズの対戦、浮上のきっかけを掴むのは?スーパーラグビー第5節(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

苦戦するワラターズとライオンズの対戦、浮上のきっかけを掴むのは?スーパーラグビー第5節
[元記事]
1月31日(金)に開幕した今年のスーパーラグビーも、2月28日(金)は第5節を迎える。オーストラリアカンファレンス5位のワラターズが、ホームのバンクウェストスタジアムに、南アフリカカンファレンス4位のライオンズを迎える。【ハイライト】開幕戦でサンウルブズがレベルズに勝利!優勝1回、準優勝2回の名門ワラターズだが、昨年は12位と低迷してしまった。そこでNTTコミュニケーションズシャイニングアークスや、豊田自動織機シャトルズで指揮をとったロブ・ペニーHC(ヘッドコーチ)が今季から就任した。
しかし、開幕戦でクルセイダーズに25-43、第2節はブルーズに12-32、第3節はレベルズに10-24と3連敗してしまい、先週はBYE(休みの週)だったため、いまだ勝ち点0でオーストラリアカンファレンス、そして全体でも最下位に沈んでいる。

ホームでなんとしても連敗を脱出したいワラターズのペニーHCは、レベルズ戦から先発2名の交替のみにとどめた。
FL(フランカー)はジェド・ホローウェイがリザーブに回り、ラクラン・スウィントンがオーストラリア代表のFLマイケル・フーパーとコンビを組み、WTB(ウィング)には、キャメロン・クラークに替わり、マーク・ナワンガニタワゼが先発に復帰した。
キャプテンのLO(ロック)ロブ・シモンズ、NO8(ナンバーエイト)ジャック・デンプシー、副キャプテンのFB(フルバック)カートリー・ビールとワラビーズの選手も引き続いて先発し、SH(スクラムハーフ)ジェイク・ゴードンがスーパーラグビー50キャップの節目となる。
リザーブには21歳のWTBジェームズ・ラムがスーパーラグビーデビューをうかがう。セブンズ日本代表歴のあるWTBシオシファ・リサラはメンバー入りしなかった。
ペニーHCは、「状況が改善されない場合は、変更が必要になることがあるだとう。時計は時を刻み続けているので、何らかの結果を得る必要があるだろう。ライオンズは難敵だが、倒せない相手ではない」と、チーム始まって以来最悪のスタートをなんとか切り抜けたいと、この一戦に期している。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク