スポンサードリンク

液晶ディスプレイを搭載した水冷クーラー「Kraken Z73/Z63」が14日発売、ステータスや画像表示OK(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

液晶ディスプレイを搭載した水冷クーラー「Kraken Z73/Z63」が14日発売、ステータスや画像表示OK
[元記事]
 冷却ヘッドに液晶ディスプレイを搭載したNZXTの水冷CPUクーラー「Kraken Z-3シリーズ」が14日(金)に発売される予定だ。ラジエーターサイズが360mmの「Kraken Z73(RL-KRZ73-01)」と280mmの「Kraken Z63(RL-KRZ63-01)」の2モデルで、店頭価格(以下、税抜き表記)は順に39,000円、35,000円。【この記事に関する別の画像を見る】■冷却ヘッドに円形のカラー液晶を搭載、静止画や動画の表示が可能
 Kraken Z-3はラジエーターやポンプ一体型の冷却ヘッド、チューブなどがセットになった、いわゆる簡易タイプの水冷CPUクーラー。円形の冷却ヘッドには2.36インチ(直径60mm)のカラー液晶ディスプレイも搭載されている。
 ディスプレイにはCPU・GPU温度、CPUクロックなどのステータスのほか、静止画(GIF)と動画(アニメーションGIF、20MBまで)の表示が可能で、アイコンや動くキャラクターなどを表示して冷却ヘッドのデザインをカスタマイズすることができる。なお、冷却ヘッドを取り付けた向きに応じて、画像を-90度回転させて表示できる。
 また、LEDコントローラー「HUE 2」を搭載しており、同社製のLEDファンなどのパーツを増設して発光させることもできる。LEDコネクタは1基だが、デイジーチェーンによる複数パーツの接続に対応している。
 ポンプは、最新のAsetek製品を採用したことで回転数の範囲が800~2,800rpmに広がったといい、静音動作にも対応できるとしている。このほか、高静圧タイプのラジエーターファンや、冷却液の蒸発を防ぐ超低透過性ゴム使用チューブを採用していることもアピールしている。
 ラジエーターのサイズは、360mmモデルが394×121×27mm、280mmモデルが315×143×30mm。ラジエーターのファンは、360mmモデルが120mm×3(同社製「Aer P 120」)、280mmモデルが140mm×2(同「Aer P 140」)。ポンプ・ファンの制御や、ディスプレイに表示する画像の設定などには、Windows対応ソフト「CAM」を使用する。
【2月14日発売予定】
2.36インチ液晶搭載オールインワン水冷ユニット「Kraken Z-3」シリーズのサンプルを展開しました!!
液晶は「NZXT CAM」により設定変更が可能!!
CPUやGPUの状態表示以外にもお好きなGIFを流すことも出来ます!
つまり…こうじゃ!!! pic.twitter.com/UehmYq53bF
― Tsukumo_eX. (@Tsukumo_eX) February 7, 2020
[取材協力:ツクモeX.パソコン館]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク