スポンサードリンク

本命 Android版 E Inkデジタルペーパータブ「BOOX Max 3」を衝動買い(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

本命 Android版 E Inkデジタルペーパータブ「BOOX Max 3」を衝動買い
[元記事]
「Palm Phone」や「TCL PLEX」、「Blackberry Key 2」などの販売を手掛けているFOXから、大型13.3インチE Inkペーパーを搭載したAndroidタブレットの「BOOX Max 3」が登場した。早速手に入れて使ってみたので、従来のデジタルペーパー製品との比較も含めご紹介したい。【もっと写真を見る】

 筆者は今から5年前にソニーのデジタルペーパーである「DPT-S1」を衝動買いしてしまった。それ以降、2018年3月にその後継モデルである「DPT-RP1」、そして2019年11月に軽量な富士通クアデルノ「FMV-DPP04」の2世代に渡って3機種をずっと使ってきている。
 
 思い起こせば初代ソニーのデジタルペーパーが筆者的には一番お好みだったが、なぜか第二世代になってからは、それまで企業向けクラウド共有サービスの「BOX」だけと連携できたクラウド直結機能もなくなり、一見して明らかに退化しているように感じた記憶がある。詳細は過去のコラムをご覧いただきたい。
 
 雰囲気的には、セキュリティーか何かの観点から独自OSを採用し、法人市場にフォーカスしたイメージの商品であったため、クローズドアーキテクチャーとしてより閉じこもってしまった印象だった。
 
 どうも昔から日本の法人市場向けの商品は、クローズドアーキテクチャーでネットワーク時代にも関わらず、他者とのコネクティビティーの悪さがセキュリティーを保つ最高の手段であるというのが自慢のようで、コンシューマーユーザーとしてはいつも本当にイライラしてしまう。
 
 そんなデジタルペーパーの世界も機が熟したのか、ソニーのデジタルペーパーとほぼ同じスペックの富士通クアデルノが、昨年コンシューマー市場にフォーカスして登場してきた。スマホとの連携を強化したアプリを登場させたり、今や社会の常識となったクラウドサービスとの連携をパソコンを介してできるように改善し、手段を提供するなど、なんとかコンシューマー市場のパーソナルな要求に応えてきた。
 
 しかし、実際にこれらの製品を買って使ってみると独自OSによる「残念感」を感じてしまう。そんなことを考えていた矢先に「Palm Phone」や「TCL PLEX」、「Blackberry Key 2」などの販売を手掛けているFOXから、大型13.3インチE Inkペーパーを搭載したAndroidの「BOOX Max 3」が登場した。
 
 早速手に入れて使ってみたので、従来のデジタルペーパー製品との比較も含めご紹介したい。
 
内蔵バッテリーは4300mAh、重量は実測488gとやや重め
 パッケージの中身は、BOOX Max 3本体と、ワコムテクノロジーのバッテリーレス専用スタイラスペン、Type-C USBケーブルとminiHDMIケーブル、コンパクトなType-C microSDカードリーダー、保証書と取説だ。
 
 13.3インチサイズのE Ink筆記画面(実測 201mm×269mm)は、一般的なリーガルパッドを切り取ったサイズ(実測 216mm×272mm)より、横幅が約15mmほど狭いが、実際に筆記していると感覚はほぼ同じサイズだ。
 
 画面解像度はソニーと同じ2200×1650ピクセル。CPUはOcta-core 2.0GHz、4GB、64GB ストレージ を搭載。Wi-Fiは2.4GBと5GBの両方をサポートしBLE4.1も搭載している。内蔵バッテリーは4300mAhとE Inkマシンとしては十分だ。上下に2個のマイク、底面には2個のスピーカーとモニター出力用のmicroHDMI端子、充電・データ転送のためのType-Cポートを備えている。さまざまな周辺と繋ぐことを前提にすれば入出力端子に関しては完璧だ。
 
 かなり重装備なBOOX Max 3なので重さは実測488gと、ソニーの第二世代デジタルペーパーであるDPT-RP1(349g)より140gほど重い。しかしDPT-RP1を使っていた頃には常時約200gの純正専用カバーケースを付けていたが、今回は自作のプチプチケース(実測22g)に変えて逆にダイエットすることに成功した。
 
 筆者個人的には、多くの観点でメリットの多く感じるAndroid搭載の電子ペーパーだが、一番最初のブート時間だけが約40秒ほど必要だ。これは独自OSのソニーや富士通のデジタルペーパーの約2倍くらいだ。しかし実際に使い出せば、常時サスペンド状態にしておくことで即パワーオン状態でクイックだ。バッテリー容量も大きくて安心だ。
 
昨今のスマホのように「指紋認証」で起動
 BOOX Max 3の進化しているのは、パスコード認証以外に昨今のスマホ同様「指紋認証」で起動制御できることだ。ソニーのデジタルペーパーも、ソニーらしくフェリカで認証可能だ。法人用にそういう需要があるのか筆者には分からないが、何も持たなくてよい指紋認証に比べると多少野暮ったい感じだ。
 
 ソニーのデジタルペーパーが、初代のDPT-S1から第二世代のDPT-RP1にモデルチェンジして筆者が一番がっかりしたのは、クラウド直接連携機能の消失と、内蔵microSDスロットがなくなったことだ。確かにレガシーなmicroSDスロットをなくす代わりに、クラウドサービスとの連携が充実されるなら理解できるが、そのどちらもがダウングレードしてしまったのには正直驚いた。
 
 一方、今回のBOOX Max 3はさすがに内蔵microSDスロットはないが、Type-CコネクターのmicroSDカードリーダーが標準で付属する。このリーダーをBOOX Max 3の底面のOTG対応のType-Cポートに挿入することで、BOOX Max 3内部のデータと周辺のパソコンやスマホとのオフラインデータ交換を簡単にできるようにしてくれる。
 
 BOOX Max 3のType-Cポートには、Type-C対応のUSBメモリーやプラグコンバータで中継したレガシーなUSBメモリーも接続可能だった。これなら大容量データのパソコンとの交換も簡単だ。またmicroSDカードを媒体にしなくても、両端がType-CプラグのケーブルでパソコンとBOOX Max 3を直結することで、パソコンとBOOX Max 3間のデータ交換はもっと簡単だ。
 
 読者諸兄に、いまさら電子ペーパーの使い方に関する解説は釈迦に説法だと思うので、簡単にだけご紹介したい。BOOX Max 3もソニーのデジタルペーパー同様、PDFファイルやEPUBファイルを閲覧できる。もちろん、手書きスタイラスで校正などの追記もできる。見開きページや最大で、9ページの一覧も可能だ。
 
 一般的なデジタルペーパーの機能はこれらに加えて、電子ブックのリーダーになることや、専用スタイラスペンによる手書きのレポート筆記やその切り貼り、コピー、レイアウト変更やまとめ。加えてそれらにさまざまな外部の写真や画像などを貼りこむことが要件とされる。
 
 そういう環境であればこそ、Androidを採用したBOOX Max 3の能力は遺憾なく発揮される。まず、BOOX Max 3は標準付属の無料クラウドサービスである「ONYXアカウント」が、BOOX Max 3のデータバックアップや外部のクラウドサービスとの橋渡しをやってくれる。まずはWi-Fiの設定を行い、アカウント登録をしておこう。
 
 そしてそれとは別に、ユーザーが独自で使用しているクラウドサービスのアカウントも紐づけできる。筆者は2TBの年間契約をしている、Dropboxを連携することとした。設定もきわめて簡単だ。自宅やオフィスのWi-Fiルータからネットに接続できるようになれば、いよいよBOOX Max 3の更なる拡張をやっていこう。
 
 まずAndroidマシンであるBOOX Max 3は、ごく普通のスマホやタブレットのようにGoogle Playに接続ができる。初期値はGoogleアプリに、独自の最適化を行ったアプリをプールしてある専用サイト(アプリストア)がデフォルトになっているが、簡単な設定変更をして筆者は使いだした翌日からGoogle Playストアでアプリをダウンロードして使っているが、いまだに何の問題も起こってはいない。
 
 まずは、自分にとって必要なアプリをダウンロードしよう。筆者はAmazon Kindleアプリ、Dropbox、Gboard、Gmail、エディターのJota+、SmartNewsなど、普段スマホでも使っている慣れたアプリをダウンロードした。ブラウザーは敢えて大袈裟なChromeを使わず、初期導入済みの軽くてシンプルな「ブラウザー」を使っている。
 
 E Inkのレスポンスタイムには限界があるが、それでもKindle Paper Whiteでやるネットサーフィンより圧倒的に実用的、Gmailも同様だった。13.3インチE Inkなら使いたいSmartNewsも、インデックスページは多少圧縮の問題か画像データはきれいに見えないが、実際の記事はまったく問題なく大画面で普通に見ることができた。
 
Smartはインデックスページの画像が不明瞭になるが。個々の記事はまったく問題なく見て読むことができる
 BOOX Max 3には専用のBOOKSクラウドが用意されているが、筆者はKindleでも使っているのでAmazon Kindleアプリを導入してまったく同じ状態で使っている。やっぱり大画面で見るコミックは最高だ。
 
「手書きのノート機能」は画像や写真の取り込みもOK
 さて、電子ペーパーと言えばブックリーダーと並ぶ使用頻度の高いアプリは、「手書きのノート機能」だろう。BOOX Max 3はワコムテクノロジーを使用した電池不要のスタイラスペンで、企画書やアイデアなどの走り書きからまとめ迄をごく自然にできる。
 
 まずはノートの背景に横罫や方眼などの用紙選択を行い、20段階の太さを選べるペンやブラシ、さまざまな図形作成ツールや消しゴム、カラーやグラデーションを選択して描き進める。もちろんテキストボックスに自由なサイズのフォントでソフトウエアキーで文字入力もできる。文字のかたまりや画像データのコピーや縮小拡大、外部ファイルから画像や写真の取り込みもできる。
 
 書き終えたページは単一ページでも、複数の全ページでも、「エクスポート(書き出し)」や「共有する」こともきわめて簡単だ。まずエクスポートを選択して、単一ページ(PNG)か全ページ(PDF)を選択さえすれば、自動的にBOOX Max 3内のデフォルトフォルダーに現在のノートが自動保存される。
 
 外部クラウドサービスであるDropboxなどを事前に設定で連携処理許可をしておけば、内部ストレージへの保存と同時にDropbox内の専用フォルダーである「アプリ/onyx-knote/max3-ノート」に自動保存される。一度設定さえすれば、以降は何も考えなくても勝手にやってくれるこの便利さやスピーディーさはソニーのデジタルペーパーにはなかった感覚だ。
 
 もう一つの「共有する」も同じく、単ページ(PNG)か全ページ(PDF)を選択さえすれば、即座に共有するための「期限付きQRコード(ONYXクラウドの一時ファイルの所在)」が画面に表示される。QRコードリーダーアプリを起動したスマホで、QRコードにかざせば、即座

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク