スポンサードリンク

ソフトバンクの実力はいかに! 「LJL 2020 Spring Split」開幕戦レポート(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ソフトバンクの実力はいかに! 「LJL 2020 Spring Split」開幕戦レポート
[元記事]
 ついに2月8日に開幕した「LJL 2020 Spring Split」。前シーズンから多くのチームがメンバーをがらりと変えたほか、新チャンピオンが3体も追加され、さらにはドラゴンにも大きな変更が入った。これにより波乱が予想される今大会だが、開幕戦で一番の注目チームは、やはり初参加となる「福岡ソフトバンクホークス ゲーミング」(以下、HSG)だろう。また、前シーズンを優勝したことで3連覇を果たした「DetnatioN ForcusMe」(以下、DFM)の試合も、もちろん見逃せない。【この記事に関する別の画像を見る】 なお、本大会は、日本国内プロリーグ「LJL(League of Legends Japan League)」における2020年度の春季リーグ。前シーズンの優勝チームである「DetnatioN ForcusMe」(以下、DFM)をはじめ、全8チームが優勝賞金1,000万円と、世界大会にあたる「2020 Mid-Season Invitational(MSI 2020)」への参加権をかけて戦う。
 2月8日に開催された開幕戦は、おなじみになりつつある東京・渋谷のヨシモト∞ホールにて開催された。
 開幕戦は各チーム2試合ずつの全8試合が行なわれ、その中にもちろん初参加チームHSGの試合も含まれている。
 Week1でのHSGの試合は1勝1敗に終わった。Week1を終えた時点で、2勝したDFMと2敗してしまったAXZ以外のチームは1勝1敗に終わっており、順位としては2位タイと健闘している。また、試合自体もかなり良く動けており、可能性のあるチームに思う。BAN&PICKで強力なチャンピオンをあえてBANしないという相手の固定観念を利用した戦法をとるなど、戦略面でも見どころのあるチームとなっているように感じた。本稿では、そんなHSGの試合を中心に、「LJL 2020 Spring Split」開幕戦の模様をお届けしたい。
■HSGの実力はいかに! 固定観念を利用した大胆な戦略も行なわれた見応えのある試合内容
 記念すべきHSGの初陣は、対Crest Gaming Act(以下、CGA)。CGAは、今回非常に活躍しているチャンピオンであるセトをピック。そのほか、リー・シンにゾーイ、セナ、ノーチラスと、相手のチャンピオンをピックアップすることが得意なチーム構成になった。一方のHSGは、Midレーンにコーキを採用するという今シーズンの中では比較的珍しいピックを見せる。また、Topレーンにはケイルをピックした。ADCのミス・フォーチュンとあわせDPSが高いチームとなり、レイトゲームをみすえた構成となった。
 最初にゲームが動いたのは試合開始からわずか3分のこと。Gango選手操るセナのWによるスネアからのダメージ交換でヘルスを削ったのち、ジャングラーYoshi選手とMidレーナーのAria選手を含めた3人でのタワーダイブでCGAがファーストブラッドを獲得する。しかし、寄ってきていたRamune選手とTussle選手が反撃し、HSGはキルを2つ獲得。レーン戦が終わるころには5対6のスコアでHSGがリードする形となる。また、すでにドラゴンを3体獲得しており、試合に王手をかけていたといっても過言ではない状態だった。だが、そこから魅せたのはCGA。HSGとしては何としても勝ちたい4体目となるドラゴン戦で、CGAのAria選手のゾーイがドラゴンをスティールする。その直後にGango選手のセナによるWで3体にスネアを決めたのを見て、またしてもゾーイのQが炸裂。これにより集団戦で大勝したCGAは、そのまま勢いにのりバロンを獲得し、ゲームに勝利した。
 2試合目は対Sengoku Gaming(以下、SG)。SGは、韓国の超強豪チームであるSK Telecom T1への所属経験があるBlank選手とPirean選手の2名のスター選手が所属しているチームだ。SGとしても今シーズン初試合ということで、どちらのチームにも注目が集まる試合となった。
 この試合、一番の注目はBAN&PICK時に見せたHSGの戦略だ。HSGは、BAN時にセトやアカリ、アフェリオスなどの強力なチャンピオンをBANしないという選択に出た。これにより、SG側がイレリア、セト、ルシアンをBANするも、これまで100%BANされていたアカリと、強力な万能ADCであるアフェリオスが空いてしまう。ファーストピック側のSGは、実質アカリかアフェリオスをピックせざるを得ない状態になり、そこでアカリを選択。対するHSGは当然アフェリオスをピックした。これは、SG側の選択肢を狭めるという戦略であると同時に、アカリのカウンターチャンピオンとなるルブランをピックして、Ramune選手をキャリーさせていこうという戦略だ。また、“BANされる前提”となっているアカリを、あまり練習していないのではないかという読みもある。
 こうしてBAN&PICKからHSGが作戦を成功させた本試合は、狙い通りMidのRamune選手のファーストブラッドから始まる。MidからゲームをつくっていくHSGに対し、SGはDasher選手のブラッドミアをソロキルしたapaMEN選手のケネンがいるTopからゲームをつくる動きをみせる。有利になったTopに追い打ちをかけるようにリフトヘラルドを召喚し、タワーを折りきる。さらにBotレーンとスワップしたあと、こちらにも2体目のリフトヘラルドを召喚してBotタワーを折りきった。
 試合が大きく動いたのは、レーン戦が終わりを向かえたゲーム中盤。相手のBotジャングル側に身を潜めていたRamune選手のルブランが、まさかそこにいるとは思っていないYutorimoyashi選手のミス・フォーチュンを一瞬で倒して集団戦に勝利。バロンを獲得し、そのままTopのセカンドタワーとMidのインヒビタータワーを折りきった。その後も、Ramune選手がプレッシャーをかけつづけ、SGを寄せ付けずにドラゴン4体目を獲得したHSG。マウンテンドレイクのドラゴンソウルにより付与されたシールドを盾に、強引なイニシエートで集団戦を勝利したHSGが1勝を手にした。
■やはりDFMは強かった! 日本最強チームの座はまだまだ渡さない
 現在3連覇中のDFM。チームメンバーが変わっていないこともあり、やはり強い。1試合目のV3 Esports戦は、13対6というスコアでわずか24分でゲームエンド。2試合目のBurning Core(以下、BC)戦では、序盤にやや不利なゲーム展開になったものの、中盤にSteal選手が魅せたジャーヴァンIVのイニシエートから、集団戦で勝利。以降、BCもDFMに食らいつくが、持ち前のマクロ・ミクロの上手さとその判断の良さからスコア差をつけていき、DFMの勝利に終わった。危ないシーンが何度かありながらも、ペースを崩すことなく最善手をチョイスしていく様は、これまでも見せてきたDFMの強さをこれでもかと見せつける形となった。
 次回Week2は、2月11日13時より開始される。1戦目はV3 Esports対Sengoku Gaming。注目の試合としては……。この際、全試合と言ってしまおう。というのも、前述した通り全8チーム中6チームが1勝1敗という拮抗した状況になっている。チーム間でも大きく差があるように思えない。Week2でどれだけ順位が変動するか見ものだ。それでも注目する試合を上げるとすれば、やはりWeek1で全勝しているDFMの試合だろう。LJL最強チームとして今回も力を見せつけたDFM。強力なJungle、Midレーナーを持つSGか、ダークホースとなりそうなHSGか、どのチームがDFMに土をつけるか、はたまたDFMの全勝で終わってしまうのか。大いに楽しみだ。
© 2020 RiotGames, Inc. All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク