スポンサードリンク

ビートたけし、兄・北野大に怒られ結婚決断 目指すは所夫婦「幸せになりたい」(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ビートたけし、兄・北野大に怒られ結婚決断 目指すは所夫婦「幸せになりたい」
[元記事]
 タレントのビートたけし(73)が18歳年下のビジネスパートナーと再婚していたことが8日、明らかになった。
 この日、TBS系情報番組「情報7days ニュースキャスター」(土曜・後10時)に生出演。安住紳一郎アナウンサー(46)から再婚を振られると、兄でタレントの北野大(77)ら家族から「ちゃんとしなさい。あんたはそういうところがダメなんだ。あの子はすごいいい人なんだから。お前みたいなやつと一緒になってくれる人なんていないんだよ」と怒られて結婚を決意したと明かした。73歳での高齢結婚。「(結婚した芸能人の)最高齢に近いとか、やめてくれないかな」と照れた。
 今後の再婚生活にも夢を膨らませた。目指す夫婦像に40年近く愛妻と連れ添っているタレント・所ジョージ(65)夫妻の名を挙げ「あれくらい幸せになりたいな」と目尻を下げた。挙式・披露宴に対しても「やると思います」としたが「そっと隠れて(居酒屋の)『養老乃瀧』でやろうと思います」と笑わせた。
 お相手はたけしの所属事務所「T.Nゴン」の取締役に就任した女性。たけしのマネジメントを行っており、すでに同居している。
 婚姻届を提出した時期などについて事務所関係者は「プライベートなことなので公表しません」とした。別の関係者によると、今月に入ってからたけしが親しい知人などに再婚を報告したという。
 たけしは80年に元漫才師の女性と結婚。1男1女に恵まれたが、近年は別居し、19年6月に離婚したことが明らかになった。離婚直後は再婚に対して「ない」と即答していただけに、この半年の間に心境の変化があったようだ。
 ◆ビートたけし 本名・北野武(きたの・たけし)。1947年1月18日、東京都足立区生まれ。73歳。明大中退後の73年にツービート結成。フジテレビ系「オレたちひょうきん族」などで活躍。89年に「その男、凶暴につき」で監督デビュー。97年の「HANA―BI」でベネチア国際映画祭金獅子賞受賞、2003年の「座頭市」で同監督賞受賞。04年には明大の「特別卒業生認定制度」第1号に選ばれた。19年、NHK紅白歌合戦に歌手として初出場。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク