スポンサードリンク

コナミ、eスポーツ向けゲーミングPC「ARESPEAR」を展開(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コナミ、eスポーツ向けゲーミングPC「ARESPEAR」を展開
[元記事]
 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、ゲーミングデバイス「ARESPEAR」シリーズを発表した。発売日時および価格は未定。【この記事に関する別の画像を見る】 ARESPEARは、eスポーツタイトルをプレイするユーザー向けの製品シリーズ。ギリシャ神話において「戦」を司る神「ARES」と、戦いに用いられる武器の1つ「SPEAR(槍)」から名づけられた。
 ゲーミングPCは3機種を展開。スタンダードクラスの「C300」は、一般的なeスポーツタイトルを遊ぶさいに最適な構成だとしており、Core i5-9400F(6コア/2.9GHz)、8GBメモリ、GeForce GTX 1650、512GB M.2 NVMe SSD、Windows 10 Homeなどを備える。
 ハイクラスの「C700」は水冷CPUクーラーを採用した高性能モデルで、Core i7-9700(8コア/3GHz)、16GBメモリ、GeForce RTX 2070 SUPER、512GB M.2 NVMe SSD+1TB HDD、Windows 10 Homeなどを搭載。また、共通の仕様でLEDを内蔵したハイクラス+の構成も用意する。
 ゲーミングキーボードは、フルキーボードの「K100F」とテンキーレスの「K100L」の2機種を用意。ともに静電容量無接点方式の静音スイッチを採用し、アクチュエーションポイントを調整できる「APC機能」を搭載する。ステップスカルプチャ構造を採用し、Nキーロールオーバーに対応する。
 ゲーミングヘッドフォンは「H100」の1製品となっており、バランスの良い周波数特性としたほか、高出力のヘッドフォンアンプに対応し、音量調整ダイヤルを装備する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク