スポンサードリンク

Samsung、最上位は8K動画/1億800万画素カメラ搭載の最新スマホ「Galaxy S20」シリーズ(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Samsung、最上位は8K動画/1億800万画素カメラ搭載の最新スマホ「Galaxy S20」シリーズ
[元記事]
 Samsung Electronicsは2月11日(現地時間)、米国サンフランシスコで「Galaxy UNPACKED 2020」を開催し、最新フラグシップスマートフォン「Galaxy S20」シリーズを発表した。標準モデルとなる「Galaxy S20」と、上位モデルの「Galaxy S20+」、最上位モデルの「Galaxy S20 Ultra」と3モデルをラインナップしている。【この記事に関する別の画像を見る】 Samsungによると、スマートフォンを買い換えるユーザーがもっとも重視するポイントとしてカメラ機能を挙げているが、実際には多くのユーザーがスマートフォンのカメラ機能に不満を感じているとし、S20シリーズではその不満を改善することにもっとも注力したという。また、全モデルとも標準で5Gをサポートする点も大きな特徴となっている。
■Galaxy S20 Ultra
 Galaxy S20シリーズ最上位モデルとなるのが、「Galaxy S20 Ultra」だ。
 ディスプレイは6.9型のDynamic AMOLED 2Xを採用。表示解像度はQuad HD+(3,200×1,440ドット)、HDR 10+準拠のHDR表示をサポートするとともに、新たに120Hzの高速リフレッシュレートにも対応している。
 また、ディスプレイ上部中央には前面カメラを搭載しており、Galaxy Note 10シリーズ同様にカメラ部分のみを丸くくり抜いた「Infinity-O」仕様となっている。ディスプレイ下部には超音波式のディスプレイ内蔵型指紋認証センサーを従来モデルに引き続き搭載。上下左右ともにベゼル幅が極限までせばめられている点も従来同様だ。
 背面カメラは、左上角付近に四角いユニットとして搭載する。画角120度/F値2.2の超広角レンズ、画角79度/F値1.8の広角レンズ、画角24度/F値3.5の望遠レンズ、深度計測用ToF(Time Of Flight)カメラのクアッドレンズ仕様となる。撮像素子は、超広角レンズが1,200万画素、広角レンズが1億800万画素、望遠レンズが4,800万画素。
 広角レンズに1億800万画素の超高画素撮像素子を採用することで、非常に精細な写真を撮影可能。写真の一部を切り抜いても十分な品質が得られるため、拡大表示した一部を別の写真として切り抜いて保存する機能が用意される。
 また、撮像素子の画素9個を結合し、1つの画素として利用することで、高感度撮影も可能となっている。さらに、手ブレ補正機能も強化されており、低照度の環境下でも優れた効果が得られるという。
 望遠レンズでは10倍ハイブリッドズームに加えて、最大100倍のデジタルズームにも対応する。このデジタルズームは画素を補完して解像度を高める機能を備える「Super Resolution Zoom」と呼ばれ、100倍の超望遠撮影時でも十分な解像感が得られるとしている。
 動画撮影機能としては、スマートフォンで初となる8K(7,680×4,320ドット)/30fpsの動画撮影に対応。撮影した8K動画は、Samsung製8K TVとワイヤレス接続し再生が行なえる。また、8K品質のままYouTubeに配信できるとともに、撮影後に低解像度動画への変換も行なえる。
 新たな撮影機能として搭載するのが「Single Take」機能。こちらは超広角、広角、望遠の全カメラを同時に利用して撮影する機能で、最大15秒までの動画を撮影するとともに、AI処理によってシーンを自動判別し、画角の異なる動画やタイムラプス動画、静止画のベストショットなど、最大で14種類のショットが自動的に提案される。
 近年は、SNSなどを中心に動画を投稿する例が増え、とくに若者の間では静止画よりも動画を好む傾向が強くなっていることから、動画を意識しつつも静止画も残せる撮影機能として用意したという。
 前面カメラは画角80度/F値2.2のレンズを採用し、撮像素子は4,000万画素となる。
 SoCは、Snaodragon 865またはSamsung Exynos 990(発売地域により異なる)のいずれかを採用し、メモリは12GBまたは16GB、内蔵ストレージは128/256/512GBのいずれかとなる。IP68準拠の防水・防塵性能も備える。
 通信機能は4Gに加えて5Gも標準で対応。5G通信機能はNon Standalone Sub-6に加えて、ミリ波(mmWave)もサポートする。内蔵バッテリ容量は5,000mAhで、Qi準拠の無接点充電機能およびQi対応周辺機器の充電が行なえるWireless PowerShareも引き続きサポート。
 本体サイズは76×166.9×8.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は220g。カラーはCosmic GrayとCosmic Blackの2色。
■Galaxy S20/S20+
 「Galaxy S20」はシリーズ標準モデル、「Galaxy S20+」は中位モデルとなる。
 いずれも本体デザインは最上位のS20 Ultraと同等で、前面は超狭額縁仕様かつHDR 10+準拠、120Hz表示対応のSuper AMOLED 2Xディスプレイを採用するとともに、前面カメラは中央上部にディスプレイをくり抜いて搭載するInfinity O仕様となる。
 ディスプレイサイズはS20が6.2型、S20+が6.7型となり、表示解像度はいずれもQuad HD+(3,200×1,440ドット)。
 カメラ機能は、8K/30fpsの動画撮影やSingle Take撮影機能への対応はS20 Ultraと同等だが、カメラユニットの仕様やズーム撮影機能に違いがある。
 S20の背面カメラは、画角120度/F値2.2の超広角レンズと1,200万画素センサー、画角79度/F値1.8の広角レンズと1,200万画素センサー、画角76度/F値2.0の望遠レンズと5,400万画素センサーの組み合わせとなるトリプルレンズ仕様。
 それに対し、S20+の背面カメラは、S20と同等の組み合わせに深度計測用ToFカメラを加えたクアッドレンズ仕様となる。
 望遠のズーム撮影機能は、3倍のハイブリッドズーム機能に加えて、最大30倍のデジタルズーム機能となる。最大望遠がS20 Ultraの100倍からかなり抑えられているものの、こちらも優れた解像感が得られるSuper Resolution Zoom機能となる。
 前面カメラは、画角80度/F値2.2レンズと1,000万画素センサーの組み合わせを採用する。
 SoCはS20/S20+ともSnaodragon 865またはSamsung Exynos 990(発売地域により異なる)のいずれかを採用。メモリはS20/S20+ともに8GBまたは12GB、内蔵ストレージはS20が128GB、S20+が128/256/512GBとなる。
 通信機能として5Gを標準サポートする点はS20 Ultra同様で、S20+はNon Standalone Sub-6およびmmWaveの双方をサポートするが、S20はNon Standalone Sub-6のみの対応となる。
 内蔵バッテリ容量は、S20が4,000mAh、S20+が4,500mAhで、Qi準拠の無接点充電やWireless PowerShareもサポート。IP68準拠の防水・防塵性能も備える。
 サイズ/重量は、S20が69.1×151.7×7.9mm(同)/163g、S20+が73.7×161.9×7.8mm(同)/186g。カラーはS20がCosmic Gray、Cloud Blue、Cloud Pinkの3色、S20+がCosmic Gray、Cloud Blue、Cosmic Blackの3色となる。
Galaxy S20
Galaxy S20+

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク