スポンサードリンク

米津玄師、セルフカバー「パプリカ」が初登場1位 「通算1位獲得数」歴代1位(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新婚・多部未華子、家事ダメダメの独身女子に「愛らしくも応援したくなるキャラクター」…昨年10月の結婚後連ドラ初主演
[元記事]
 シンガー・ソングライターの米津玄師(28)の最新配信シングル「パプリカ」が初週売上7万2055ダウンロードを記録し、最新オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング(集計期間:3日~9日)で初登場1位を獲得。これで同ランキング通算6作目の1位となり、歴代1位の「通算1位獲得数」を自己更新した。
 本作は、2020年とその先に向け、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、作詞・作曲・プロデュースを米津が手掛け、小中学生の音楽ユニット・Foorinが2018年7月に発表。NHK「みんなのうた」としてオンエアされると、辻本知彦、菅原小春による振付と共に瞬く間に子供たちを中心に人気となり、昨年12月にはFoorin team Eによる全編英語詞バージョン「Paprika」も発表。年末の日本レコード大賞では、Foorinが史上最年少で大賞を受賞した。
 また米津も昨年8月にセルフカバーしたミュージックビデオを公開。自身最速記録となる4日と9時間で1000万再生を突破し話題となった。
 なお本作は、今回のリリースを受け、2~3月のNHK「みんなのうた」として、2月1日から再放送がスタート。また同日からは、米津のアリーナツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」もスタート。全国10会場20公演と台湾・台北アリーナ、中国・上海メルセデス・ベンツアリーナでの海外公演も決定している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク