スポンサードリンク

V6井ノ原&森泉“ふんわり”初タッグ!“ザワつく”トリオに対抗(サンケイスポーツ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

V6井ノ原&森泉“ふんわり”初タッグ!“ザワつく”トリオに対抗
[元記事]
 V6の井ノ原快彦(43)が21日放送のテレビ朝日系特番「県索しちゃいました」(後8・30)で8年ぶりに同局のMCを務めることが10日、分かった。昨年12月の単発で人気を博したバラエティーで、「ザワつく!金曜日」との合体3時間SPとしてゴールデン帯に登場。長嶋一茂(54)ら“ザワつく!トリオ”とは対照的に、タレント、森泉(37)との“ふんわり!コンビ”で都道府県の魅力を伝える。
 テレビ東京系「出没!アド街ック天国」で“あなたの街の宣伝部長”を務めるイノッチが、今度は都道府県の隠れた魅力を伝える。
 「県索しちゃいました」は、都道府県とさまざまな検索ワードを組み合わせてインターネットの中に眠るレアな情報をピックアップするバラエティー。昨年12月、深夜に2度単発で放送され、斬新な企画が人気を獲得。約3カ月という異例のスピードでゴールデン帯での放送が決まり、今回番組の“顔”に選ばれたのが井ノ原だ。
 テレビ朝日でのMCは8年ぶりで、制作側は「好感度が抜群に高く親しみやすい」と起用。また、単発から続いてMCを務める森とコンビを組むことから「森さんの自由気ままな部分を引き立ててくれるMC力の高さを考えた」と説明した。
 これまで数々の番組でMCを務めているが、森とのタッグは初。収録を終えた井ノ原は「実は森さんはめいっ子にそっくりなんですよ!」と親近感を抱いていたことを告白。合体3時間SPとしてコラボする「ザワつく!-」の毒舌トリオ(長嶋一茂、石原良純、高嶋ちさ子)に対抗して森が「私たちは“ふんわり!コンビ”」と命名すると、井ノ原も「それで行きましょう! これからの時代、何事もふんわりしていた方がいいに決まっていますからね」と快諾した。
 番組では「兵庫」「賞味期限」で検索して出てきた賞味期限5秒のせんべいや、「山梨」「幻」で出てきた幻の信玄餅などディープな情報を紹介。“県索”を満喫した井ノ原は「コレは訪ねる価値がある!と思うお店や、愛すべき地元の人たちがたくさん登場して最高でした。日本って愛しいな、カワイイなと思いました」とふんわりコメントしている。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク