スポンサードリンク

ジャニーズWEST藤井&神山、兄弟役で連ドラ主演 栗原類らとロックバンド結成 【キャストコメント全文】(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ジャニーズWEST藤井&神山、兄弟役で連ドラ主演 栗原類らとロックバンド結成 【キャストコメント全文】
[元記事]
 人気グループ・ジャニーズWESTの藤井流星と神山智洋が4月20日スタートの日本テレビの深夜ドラマ枠「シンドラ」の『正しいロックバンドの作り方』(毎週月曜 深0:59)に主演することがわかった。4人組ロックバンド “悲しみの向こう側”のメンバーであり、熱血とクールの相反する兄弟でもある主人公シズマとテツを演じる。さらにバンドメンバーとして栗原類、吉田健悟を迎え、個性バラバラな4人の成長物語を描いていく。■ジャニーズWESTのTV出演情報 藤井が演じるのはバンド“悲しみの向こう側”のギター&ボーカルの赤川静馬(あかがわ・しずま)・シズマ(26)。愛と夢に溢れる本気で熱い男、でも、ビビりですぐネガティブになる心配性のリーダーだ。そして、神山が演じるのはドラムの赤川哲馬(あかがわ・てつま)・テツ(21)。夢も希望も特になし。冷静なツッコミ、でも、本当は打たれ弱い経験不足系イケメンだ。
 そして栗原が演じるのはベースの荻野禄郎(おぎの・ろくろう)・オギノ(26)。超マイペースで協調性ゼロ、でも、天才かもしれない不思議くんテクニシャン。吉田が演じるのはパーカッションの小鳩(こばと)のぼる・コバ(26)。とにかく明るいムードメーカー、でも、後先考えずモテたいばかりの能天気。“夢に一生を捧げられるほど、技術もなければ自信もない”それでも夢を追い続ける、不器用でまっすぐな青年たちが、日本最大級の音楽フェス【電撃ロックフェス】出場を目指して奮闘する。
 企画・脚本監修は『怪物くん』『泥棒役者』など人情喜劇を得意とする西田征史氏がオリジナル作品として手がけ、全体のキャラクターとストーリーを構築。西田のもと映画『覆面系ノイズ』『春待つ僕ら』のおかざきさとこ氏が脚本を担当し、星野源やSHISHAMOなど名だたるアーティストのMVだけでなく、話題のドラマ・映画も手掛ける人気クリエイター・映像作家・山岸聖太氏が演出チーフを務める。
 藤井は「同い年の神ちゃんと兄弟役と聞き、すごく驚きました。今は兄貴と呼ばれることに慣れてないですけど、『もう兄弟にしか見えへん』ってくらい2人の関係性のイメージを崩していきたいですね」と意気込み。神山は「ドラマを観た方が、どんな小さなことでも、昔、諦めてしまったことを「もう一回やってみようかな」と思えたり、普段の悩みや抱えていることがスッと降りていく…そんなドラマをお届けしたいです」とみどころを明かしている。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク